1882年 明治15年


東洋紡の基盤の一つである
大阪紡が創立される

大阪紡は1882年5月3日に創立、1883年には日本最初の大紡績工場として操業を開始しました。1886年9月、深夜業の開始に伴い工場の照明にエジソン式直流発電機による電灯を導入。民間では初めてのことで、当時、大阪紡の他に電灯があったのは、東京の皇居、陸軍士官学校のみでした。

閉じる