このページを印刷

CSRトピックス

ライフサイエンス「海水淡水化装置」

ウォーター・クライシスから人々を救う「海水淡水化装置」

高い水回収率を誇るRO膜「ホロセップ®」

海水淡水化装置は、海水中の各種塩類を除去して淡水にし、飲料水や工業用水として供給する装置。従来は、海水を加熱し、蒸発した蒸気を冷却して真水を得る「蒸発法」が用いられてきました。しかし、蒸発法は水回収率が10数%しかなく、装置も大規模で加熱に用いる燃料も大量に必要でした。

当社は、30年以上前に逆浸透膜(RO膜)を用いた海水淡水化の研究に着手。1978年、セルローストリアセテート(CTA)を素材にした中空糸膜と、その膜を集めて大型化したモジュール「ホロセップ®」の開発に成功しました。 当社が開発したCTA素材のRO膜は、耐圧性に優れています。塩水から真水を取り出す際に70~80気圧もの圧力をかけることができ、水回収率が40~60%と高いのが特徴です。また、CTA素材は塩素に強く、モジュールの塩素殺菌が可能です。したがってモジュール内の微生物増殖を抑制でき、目詰まりが起こりにくいためメンテナンスも容易です。

この優れたRO膜モジュール「ホロセップ®」が最も求められているのはどこか。販売先を探るなかで当社は、水資源の確保に悩む中東湾岸諸国にターゲットを絞りました。理由は、塩水濃度が高く微生物の多い紅海やアラビア湾の海水でもメンテナンスが容易であること。技術力では負けないという自信がありました。当時の開発担当者は「蒸発法で真水を作っている中東の人たちに、新しい方法を提案したい」という強い思いを持ちました。

トレーラーに装置を積んで現地を回る

トレーラーに装置を積んで現地を回る

しかし、現地の人たちに理解してもらうのは容易ではありませんでした。これまでのやり方を変えることに積極的ではなかったのです。そこで考えたのが、装置を大型トレーラーに積み込んで現地に赴き、現状のプラントと比較することでした。「当社の『ホロセップ®』がどれだけ効率よく真水を作り出すか、当社の技術力を見てもらえさえすれば分かるはず」。実際に目の前でデモンストレーションをしてみると、一目瞭然。「採用したい」という声が上がるようになりました。 精力的かつ地道な販売活動が実を結び始めたのは80年代半ばから。その高効率性と信頼性が口コミで伝わり、中東湾岸諸国で当社「ホロセップ®」を採用したプラントが次々と建設されるようになったのです。現在、中東湾岸諸国での大型海水淡水化プラントのシェアは5割、世界でも2割を占めています。
水資源の確保が緊急の課題となっている今日、「ホロセップ®」が必要とされるフィールドは世界へと広がっています。当社グループは水処理膜事業を成長分野と位置付け、得意の膜技術で貢献していきます。

TOPICS

逆浸透膜エレメントを現地生産へ

逆浸透膜エレメントを現地生産へ

当社は、サウジアラビアのACWA Holding,、伊藤忠商事(株)と合弁で、サウジアラビアに海水淡水化用逆浸透膜エレメントの製造・販売会社を設立することに合意し、2010年2月16日に首都リヤドで調印式を行いました。6月に合弁会社を設立、2011年3月から生産開始の予定です。

CTA素材中空糸膜がバイオマスマーク認定を取得

CTA素材中空糸膜がバイオマスマーク認定を取得

海水淡水化用の逆浸透膜として、多くの実績と高い評価を得ている当社CTA素材中空糸膜が、2010年6月にバイオマスマークの識別表示に適合する商品の認定を受けました。この中空糸膜を搭載したモジュールは、その構造の改良等により、モジュールあたりの造水能力を向上させており、より環境に優しい商品となりました。搭載したモジュールは、中東湾岸諸国などに納入され、海水からの飲料水製造に貢献しています。

用語解説

●「ホロセップ®」
イオンを通さず水だけを透過させる中空糸型逆浸透膜型モジュール。海水から飲料水レベルの水を、水道水や工業用水から純水や製薬用水をつくりだせます。
●逆浸透膜(RO膜)
水を通しイオンや塩類など水以外の不純物を透過しない性質を持つ膜のこと。英語ではReverse Osmosis Membraneといい、その頭文字をとってRO膜とも呼ばれます。
●中空糸膜
ろ過機能を持つストロー状の中空繊維のこと。単位体積当たりの膜面積を大きくとれとることができ、家庭用浄水器から産業用、浄水場などに幅広く使われています。
●セルローストリアセテート(CTA)
三酢酸セルロース。セルロース中のヒドロキシル基がすべて酢酸エステルになったもので、繊維やプラスチックとして利用されています。
●バイオマスマーク
バイオマスマークは、生物由来の資源(バイオマス)を利活用し、品質および関連法規、基準、規格などに合致している環境商品の目印。社団法人日本有機資源協会が審査、認定を行っており、2010年4月現在236商品が認定されています。

特集:東洋紡と「歩む」

  • 産業マテリアル「VOCガス処理装置」
  • フィルム・機能樹脂「太陽光発電システム用フィルム」
  • ライフサイエンス「臨床検査装置」

ページの先頭へ

CSR活動

  • トップメッセージ
  • CSRトピックス
    • 過去のトピックス
  • CSR憲章
  • 活動方針
  • CSR調達ガイドライン
    • グリーン調達ガイドライン
  • 人材育成・活用
  • 環境問題への取り組み
    • 実績
    • 具体例
    • 環境保全データ
    • エコパートナーシステム
  • CSR報告書
    • 過去のCSR報告書
  • 公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団
  • [TOYOBO STORY]東洋紡の130年の軌跡
  • [映像・広告ギャラリー]企業PR映像、CMや新聞広告を掲載しています
  • [東洋紡早わかりQ&A]東洋紡のことが早わかり!あなたの知らないTOYOBOを発見しよう。
  • [ここにも東洋紡製品]あなたのそばにも東洋紡