このページを印刷

第52回SURE SPORTS®展 2010年 SPRING&SUMMER 「PROCESSING」

2008年11月28日

PDFをダウンロード (176KB)

(東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社)

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社の合繊スポーツウエア素材を取り扱うスポーツアパレル事業部は、2010年春夏向け展示商談会「SURE SPORTS®展」を開催します。
今回のテーマは「PROCESSING」(プロセッシング/処理)です。汗処理を考えたスポーツ向け快適素材群を提案します。 

1. 日 時 大 阪 12月 2日(火)~ 4日(木)10:00~17:00
東 京 12月10日(水)~12日(金)10:00~17:00
(いずれも最終日は、16:00まで)
2. 場 所 大 阪 東洋紡本社ビル    12F 大会議室
東 京 東洋紡東京支社ビル  9F
3. テーマ 「PROCESSING」(プロセッシング/処理)
スポーツをする時に必要な汗処理について、「物理」と「化学」の2つの角度から考えました。アスリート向けの汗処理対応素材を中心に、いろいろなスポーツに対応する快適素材群を提案します。
4.重点プロモート素材 (* は新商品)
(1)「メガテックドライ™」*
激しい運動時の大量の発汗を伴うトップアスリート向けに開発した特殊編地です。肌側の吸汗機能と肌面に接触する部分の撥水機能により、大量発汗時におけるウエアの身体へのまとわりつきを軽減します。
(2)「デオドライ®コットン」*
コットンに特殊加工を施すことで吸水・拡散性を向上させました。その ため、コットン100%商品と比較すると乾燥性を約50%向上させることに成功しました。また特殊抗菌防臭・消臭加工を併用することで、繰り返し洗濯して も吸汗速乾性を維持しながら、優れた抗菌防臭・消臭機能も持続します。
(3)「エアトリップ™」
従来のジャージに比べ強度を維持しつつ軽量・薄地化を図り、ストレッチ性と織物ライクなハリコシを持っています。また通気性も良好なため、清涼感があります。
(4)「シルファイン®N」シリーズ
強さと柔らかさを兼ね備えた「シルファイン®N」のテキスタイル用途開発を拡充しました。今までのダウンプルーフ用に加え、ウインドブレーカー用素材を新規に開発しました。軽量かつコンパクトで、しかも高い引裂き強力を確保した生地を提案します。
(5)「サイレントショット®」
「シルファイン®N」からなるレイン素材をラインアップしました。引裂き強力が高く、耐水、透湿性に優れた商品を提案します。コーティング及びラミネート加工後でも生地の強力を維持したコンパクトな素材を完成させました。
(6)「ダルファイン®」シリーズ
さらなる軽量化(30g/m2未満)に挑戦し、かつ軽量コンパクトに加えUVカット性に優れた新素材を提案します。ウインドブレーカーに適した新規素材をナイロン、ポリエステル共に開発しました。
(7)TKI GPS(GARMENT PRODUCTION SYSTEM)
東洋紡のインドネシアの関係会社である、TKI、STGを活用した一貫生産(糸~縫製品)システムによる機能繊維製品を提案します。
出展点数は生地約210点、縫製品約20点の予定です。
以  上
(ご参考)
1. TKI(PT.TOYOBO KNITTING INDONESIA)
社長 西山 重雄 (東洋紡 テキスタイル生産技術・開発部 部長と兼務)
事業内容 ニット生地などの編立染色加工、販売 (TKI生産能力:200トン/月)
所在地 Kawasan KIIC Block B-3, Karawang, West Jawa, Indonesia.
株主構成 東洋紡績株式会社 96.50%、PT.GREAT RIVER INTERNATIONAL 1.75%、
PT.GOLDEN CASTLE 1.75%
2. STG(PT. SHINKO TOYOBO GISTEX GARMENT)
社長 北阪 英志
事業内容 ドレスシャツとニットの縫製 (ミシン900台)
所在地 JL PANYAWUNGAN KM.19, DESA CILEUNYI WETAN BANDUNG, INDONESIA
株主構成 東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社 45%、東洋紡績株式会社 30%、GISTEX 20%、
栄工業株式会社 5%

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社
スポーツアパレル事業部 部長 酒井 TEL 06-6348-3548
マネジャー 渡邉 TEL 06-6348-3587
テキスタイル企画開発部 部長 古谷(こたに) TEL 06-6348-3676
堀之内 TEL 06-6348-4456

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年