このページを印刷

東洋紡ロジスティクスとサントリーロジスティクスによる異業種共同物流の開始について

2010年1月7日

PDFをダウンロード (136KB)

東洋紡績株式会社(本社:大阪市北区、社長:坂元 龍三、以下「東洋紡」)の物流子会社である東洋紡ロジス ティクス株式会社(本社:大阪市北区、社長:諏訪 次郎、以下「東洋紡ロジスティクス」)は、サントリービジネスエキスパート株式会社(本社:東京都港 区、社長:内藤 俊一)の物流子会社であるサントリーロジスティクス株式会社(本社:大阪市北区、社長:千原 光、以下「サントリーロジスティクス」) と、このたび異業種間の共同物流を開始します。

1.背景および経緯

これまで、東洋紡ロジスティクスとサントリーロジスティクスは、それぞれでグループ内外の物流改革を進め、CO排出量削減を行ってきました。今回は、それぞれの物流データを分析し、全国の輸送ルートの中から荷物の積載が片道のみの利用となっているルートを抽出し、共同物流の可能性について検討を重ね、往復での荷物の輸送を増やす共同物流を導入するに至りました。

2.本共同物流の概要

今回は、東名ルートの共同物流を開始します。復路で、空になったトラックにお互いの荷物を積むことで、本来、空であった復路のトラックを有効活用 し、物流の効率化を図るというものです。東洋紡ロジスティクスは主に東洋紡のフィルム製品を、サントリーロジスティクスは主にグループ会社の飲料製品を輸 送します。なお、今回の共同物流開始により、両社で約100トン/年のCO排出量削減が期待できます。

3.開始時期

2010年1月中旬出荷分より

4.今後の予定

今後、共同物流の対象地区を全国にも拡大するとともに、対象製品の拡大も行い、業種を越えた共同物流の規模拡大を図っていきます。両社は、物流改革を推進していき、さらなるCO排出量の削減により、地球環境負荷の低減に貢献していきます。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室 TEL:06-6348-4210
サントリーロジスティクス株式会社 総務部 酒井 TEL:06-6345-2880

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年