• ホーム
  • ニュースリリース
  • 超軽量ナイロン織物「シルファイン®N」使用の Marmot レインウェアがアウトドア関連の2賞を受賞

このページを印刷

超軽量ナイロン織物「シルファイン®N」使用の Marmot レインウェアがアウトドア関連の2賞を受賞

2010年6月1日

PDFをダウンロード (299KB)

(東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社) 


東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社(以下、東洋紡STC)の超軽量ナイロン織物「シルファイン®N」が、米国大手アウトドア衣料メーカーMarmot(マーモット)社の2010年春夏向けレインウェアに採用され、アウトドア関連の2賞を受賞しました。

1.受賞について

軽くて、コンパクトな素材でありながら、高い引裂強力を確保した機能性と、「シルファイン®N」独特の透明感を利用したデザイン性の両方を兼ね備えていることが、今回の受賞の理由です。

レインウェアイメージ

以下の2賞を受賞しました。

①「2010 Outside Gear Of the year」

米国を代表するアウトドア専門誌「Outside」による「2010 Outside Gear of the Year」を受賞しました。
同賞は、数千もの製品を独自にテストし、テントや寝袋、バックパック、ジャケット、マウンテンバイク、サングラスなどの部門別に、最も優れたギアを選ぶものです。ウェア部門5カテゴリーの内の1点に選ばれました。

②「2009 Outdoor Industry Award」

欧州最大のアウトドア用品展示会「ヨーロピアン・アウトドア・トレードフェア」が、ドイツのフリードリッヒスハーフェンで毎年7月に開かれます。
2009年に開催された展示会で、「2009 Outdoor Industry Award」を受賞しました。ジャケット、テント、シュラフ(寝袋)、用具、かばんなどの部門があり、ジャケット部門で表彰されました。

2.「シルファイン®N」織物(レインウェア用途)の特長

(1)軽量でコンパクト(従来比約50%軽量化)、高い引裂強力と透湿防水性能

・33デシテックスの糸を使用した高密度織物において、透湿防水性のある新しい膜加工素材の開発に成功しました。
・従来の78デシテックス前後のナイロン糸を使用した同様の加工素材は、目付け 150g/m2を超える重い素材が一般的で、織物表面にラミネート加工を施すための十分な引裂強力が得られにくいという問題がありました。
・「シルファイン®N」を使用した透湿防水膜加工織物は、軽量(目付け:70g/m2、従来のレインウェア素材比約50%軽量化実現)でコンパクト(厚さ:100μm)、高い引裂強力(引裂強力:10N 以上)を併せ持っています。さらに、高い透湿防水性能を有します(耐水圧:20kPa、透湿性:20000g/m2/24h)。

・・・「シルファイン®N」は、11~44デシテックスのマルチナイロンフィラメントを中心にダウン用生地に使用されており、ノンコーティングでありながら、羽毛吹き出し防止性に優れた、破れにくい織物としてすでに広く採用されています。

(2)技術的な特長

①33デシテックス 高強力マルチナイロンフィラメントの紡糸技術

軽量織物を構成している「シルファイン®N」に使われている原糸は、特殊重合技術によるナイロン樹脂原料を用いており、さらに紡糸工程でその分子鎖を均一に揃え、フィラメント間の強度のバラツキを最小限に抑えました。

②超極細糸の製織技術

糸を細くしてハイマルチにすることで高密度に織れるようになりますが、反面、製織時のたて糸の「擦れ」により「毛羽」が発生しやすくなります。そこ で、製織を最適化するために織機を改造し、さらにたて糸に塗布する糊を新規に開発することにより超極細糸の製織技術を確立しました。

③膜加工技術

高い耐水圧と透湿性を兼ね備えたフィルムを、ナイロンの薄地織物に均一にラミネートすることで、均一な厚みで耐久性のあるラミネート加工素材を製造することが可能となりました。

「シルファイン®N」ラミネーション織物
「シルファイン®N」ラミネーション織物
78デシテックスの糸を使った一般的なナイロンのラミネーション織物
78デシテックスの糸を使った一般的なナイロンのラミネーション織物

3.今後の展開

アウトドア業界は、2000年より軽量化の流れが進んでおり、近年その流れが強まっています。
当社は、2006年には「シルファイン®N」を使用したダウンジャケットがパタゴニアのウィメンズ・ダウン・セーターに採用され、「2006年ISPOボルボ・スポーツデザイン賞」を受賞しました。
今後は、東洋紡STCの特化素材を活用しながら、新たな用途展開を進め、積極的な販売を行っていきます。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年