このページを印刷

「第5回 地域防災防犯展」大阪に燃料電池使用の災害時対応システムを出展

2011年6月8日

PDFをダウンロード (187KB)

当社は、2011年6月9日(木)~10日(金)まで、インテックス大阪で行われる「第5回 地域防災防犯展」大阪に自社ブースを出展します。

本ブースでは、「ProtonCube™」(ダイレクトメタノール燃料電池発電機)と純水製造装置、感染症検査装置を組み合わせた「災害時対応システム」(「ProtonCube™」を使用)を展示いたします。

ご来場の際は、ぜひお立ち寄りください。

1.展示会会期 2011年6月9日(木)~10日(金)
2.展示会場 インテックス大阪 ブース番号:214
3.展示内容 「災害時対応システム」(「ProtonCube™」を使用)

                                            「ProtonCube™」を使用した「災害時対応システム」

「ProtonCube™」を使用した「災害時対応システム」により、自然災害や事故などで電源確保が不能となった緊急・非常時であっても、RO純 水製造装置による純水提供や、UF浄水機による河川・湖沼水からの生活・飲料水確保とともに、感染症検査を短時間で行うことで衛生状態の確認を行うことが できます。

また、「ProtonCube™」は、単独で照明・通信などの生活インフラ用電源としても活用できます。

燃料電池には、メタノールを燃料とするDMFC(ダイレクトメタール燃料電池)を採用し、静粛性が高くNOx、SOxを排出しないクリーンで環境に優しいエネルギーシステムを構築しています。

『参考資料』

1.「災害時対応システム」について

今回展示するシステムは、交流電流で400Wの出力性能を持つ燃料電池を使用した災害時に対応できるものです。

このシステムは、燃料電池とRO純水製造装置および感染症検査装置「POCube®(ピーオキューブ®)」等をセットして、災害時に使用することを提案します。

(1)「ProtonCube™」(ダイレクトメタノール燃料電池発電機)について
・使用燃料 :高濃度メタノール
・燃料消費率 :1.2 L/KWh
・定格電圧 :100V(AC)
・定格出力 :400W
(2)RO純水製造装置について

東洋紡製ROモジュール(「ホロセップ®」)が使用された装置で、東洋紡エンジニアリング(株)で販売。

(3)「POCube®(ピーオキューブ®)」について

高感度、簡単な測定操作、低価格などの特長を持ち、さまざまな臨床検査項目が測定できる小型自動分析装置です。(2009年9月より販売)

また、試薬カートリッジをセットし、ボタンを押すだけで簡単に測定が可能です。現在、測定可能な項目は、①CRP(C反応性タンパク質)②インフルエンザウィルス③PSA(前立腺がんの早期発見マーカー)④RSウィルスとなります。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
電 話:06-6348-4210

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年