このページを印刷

第57回SURE SPORTS®展 2012年 FALL&WINTER 「・・・とは」

2011年5月16日

PDFをダウンロード (169KB)

(東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社)

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社(以下、東洋紡STC)のスポーツウエア素材を取り扱うスポーツアパレル事業部、インナー事業部は、2012年秋冬向け展示商談会「SURE SPORTS®展」を開催します。
今回のテーマは「・・・とは」です。秋冬に求められる機能をさまざまなテーマごとに追求したスポーツ向け快適素材群を提案します。

1.日 時

大 阪  5月17日(火)~ 19日(木)10:00~17:00
東 京  5月31日(火)~6月2日(木)10:00~17:00
(いずれも最終日は、16:00まで)

2.場 所

大 阪  東洋紡本社ビル 12F大会議室
東 京  東洋紡東京支社(東五反田スクエアビル13F)

3.テーマ  「・・・とは」

秋冬の機能素材について本当のことを知っていただくため、「環境に優しいとは」「本当に暖かいとは」「本当の薄さとは」などのさまざまな「・・・とは?」を用意し、テーマごとに、その答えとなる機能素材をご提案いたします。

4.重点プロモート素材 (* は新商品)

(1)「ペコット」*

サトウキビから砂糖を作る過程で出る廃糖蜜や絞りかす(バガス)を一部の原料とした植物由来のポリエステル繊維です。植物由来の原料を使用した環境負荷の少ない素材です。

(2)「ダルファインエール™」*

断熱・遮へい機能に優れたフルダル糸「ダルファイン®N」を超異型化することで、従来の軽さと引き裂き強力はそのままに、高密度布帛の低通気度にさらなる耐久性を持たせたマット感が特長の次世代型ダウン用側地です。

(3)「シルファインエール®」

高強力ナイロン糸「シルファイン®」を超異型化することで、従来の軽さと引き裂き強力はそのままに、高密度布帛の低通気度にさらなる耐久性を持たせた、光沢感のある次世代型ダウン用側地です。

(4)「シルファインプリズム®」

従来のカレンダー加工の2倍以上の光沢感を持つ布帛です。また、素材バリエーションの組み合わせにより、ヨーロッパ調の陰影感と高い引き裂き強力を兼ね備えるなど、「感性」と「高機能」が融合した新しい素材です。

(5)「デッドエア®ホーム」

高捲縮マルチフィラメントを使用し、かさ高くふっくら仕上げたニットです。ストレッチ性にも優れ保温性が高く衣服内の静止空気層を温めるのが特長です。肌触り感が非常にソフトです。

(6)「デッドエア®アウェーライト」

細い糸をハイゲージで高密度タイプに編成し、カレンダー加工することにより、薄く軽量ながら防風性に優れたトレーニングウエア用ニットです。衣服と身体の間にある静止空気層を、外気から遮断する特長があります。

(7)TKI GPS(GARMENT PRODUCTION SYSTEM)

東洋紡のインドネシアの関係会社であるTKI、および当社のインドネシアの関係会社であるSTGを活用した一貫生産(生地~縫製品)システムによる機能繊維製品を提案します。

出展点数は生地約300点、縫製品約50点の予定です。

 

(ご参考)

1.TKI(PT.TOYOBO KNITTING INDONESIA)

社長: 北阪 英志 (STGと兼務)
事業内容: ニット生地などの編立染色加工、販売 (TKI生産能力:130トン/月)
所在地: KAWASAN KIIC BLOCK B-3, KARAWANG, JAWA, BARAT, INDONESIA
株主構成: 東洋紡績株式会社 96.50%、PT.GREAT RIVER INTERNATIONAL 1.75%、
PT.GOLDEN CASTLE 1.75%

2.STG(PT. SHINKO TOYOBO GISTEX GARMENT)

社長: 北阪 英志
事業内容: ドレスシャツとニットの縫製 (ミシン900台)
所在地: JL PANYAWUNGAN KM.19, DESA CILEUNYI WETAN BANDUNG, INDONESIA
株主構成: 東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社 80%、GISTEX 20%

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社
スポーツアパレル事業部 部長 藤本 TEL 03-6422-4914(東京)
06-6348-3548(大阪)
マネジャー 渡邉、住田 TEL 03-6422-4913(東京)
06-6348-3587(大阪)
インナー事業部 部長 浜田 TEL 06-6348-3809
マネジャー 平田 TEL 06-6348-3489
企画開発部 部長 古谷(こたに) TEL 06-6348-3676

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年