このページを印刷

タイにポリエステル樹脂の製造・販売会社を設立

2012年3月12日

PDFをダウンロード (159KB)

このたび当社は、三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小林 健 以下、 三菱商事)と合弁で、タイ王国に共重合ポリエステル樹脂「バイロン®」の製造・販売会社を設立することを決定しました。
本年7月に合弁会社を設立し、2014年1月から生産を開始する予定です。

1.合弁会社の概要

社名 : 東洋紡ケミカルズ タイランド株式会社
 (英文名)TOYOBO CHEMICALS(Thailand) Co.,Ltd.
設立 : 2012年7月(予定)
資本金 : 約12億円
出資比率 : 東洋紡 85%、三菱商事 15%
所在地 : タイ国 チョンブリ県 アマタナコンインダストリアルエステート内
事業内容 : 共重合ポリエステル樹脂「バイロン®」の製造・販売
 

2.「バイロン®」とは

塗料、インキ、工業用接着剤などの原料樹脂です。工業用原材料として幅広い分野において欠かせない材料として使用されています。
主な用途は、接着剤、コーティング剤、缶塗料、電線被覆、フィルム表面改質剤、その他、導電性銀ペーストなどです。

フラットケーブル表面フィルムの接着剤原料として使用
(フラットケーブル表面フィルムの接着剤原料として使用)

3.合弁会社設立の背景

当社はこれまで、国内でポリエステル樹脂「バイロン®」を製造し、国内外のユーザーに販売してきました。近年、中国をはじめASEAN諸国、インド等での日系企業、欧米企業の現地生産化、現地企業の市場参入が増加しており、これらの国々は今後も持続的な経済成長が期待できます。
このような状況のもと、当社はエレクトロニクス関連市場へ「バイロン®」の販売拡大を図るため、税制面、流通面等において利便性の高いタイ国内に、「バイロン®」の製造・販売会社を三菱商事と合弁で設立することを決定しました。当社は製造の管理、技術指導などを行い、三菱商事はタイ国での豊富な事業経験を活かし、原料調達・製品販売の協力等を行います。

4.今後の予定

本年7月に合弁会社を設立、2014年1月から生産を開始し、2016年にはフル稼働を目指します。
当社は、今回の合弁会社を中国・ASEAN諸国・インド市場での事業拠点とし、販売を拡大していく予定です。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年