• ホーム
  • ニュースリリース
  • 高強力軽量ナイロン織物「シルファイン®N」使用のハイブリッドライトジャケットが「2012 Outside GEAR OF THE YEAR」を受賞

このページを印刷

高強力軽量ナイロン織物「シルファイン®N」使用のハイブリッドライトジャケットが「2012 Outside GEAR OF THE YEAR」を受賞

2012年3月21日

PDFをダウンロード (335KB)

(東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社)

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社(以下、東洋紡STC)の高強力軽量ナイロン織物「シルファイン®N」が、カナダ大手アウトドア衣料メーカーCANADA GOOSE(カナダグース)社の2012年秋冬向けハイブリッドライトジャケットに採用され、米国を代表するアウトドア専門誌「Outside」による「2012 Outside GEAR OF THE YEAR」を受賞しました。

1.「2012 Outside GEAR OF THE YEAR」受賞について

軽くて、コンパクトな素材でありながら、高い引裂強力を確保した機能性と、「シルファイン®N」独特の透明感を利用したデザイン性の両方を兼ね備えていることが、今回の受賞理由です。
「2012 Outside GEAR OF THE YEAR」賞は、数千もの製品を独自にテストし、テントや寝袋、バックパック、ジャケット、マウンテンバイク、サングラスなどの部門別に、最も優れたギアを選ぶものです。ウェア部門5カテゴリーのうちの1点に選ばれました。

ハイブリッドライトジャケット

2. 高強力軽量ナイロン織物「シルファイン®N」(ハイブリッドライトジャケット用途)の特長

(1)軽量でコンパクト(従来比60%)

・ 従来は56デシテックスの糸を使用した素材で目付け60g/㎡を超える重い素材が一般的でした。そのため、コンパクト性に欠け、厚地なので透明感が得られにくいものでした。
「シルファイン®N」は、11デシテックスの糸を使用した織物で、軽量(目付け:26g/㎡、従来の素材比率60%の軽量化を実現)かつコンパクト性(厚さ:40μm、従来の素材比率60%の薄さを達成)を実現することができました。

(2) 高い引裂力

・ 高い引裂強力(経・緯方向ともに10N(ニュートン)以上)を持っています。

(3) 原料から加工までの高い製造技術

・ フィラメント間の強度バラツキを最小限に抑える紡糸技術

「シルファイン®N」に使われている原糸は、特殊重合技術によるナイロン樹脂原料を用いており、さらに紡糸工程でその分子鎖を均一に揃えることで、フィラメント間の強度バラツキを最小限に抑えました。

・ 製織時の強力低下を抑える製織技術

糸を細くして単糸の数を多くすると高密度に織ることができるようになりますが、製織時に毛羽の発生や強度の低下が起こりやすくなります。製織時の経糸の「擦れ」による「毛羽」の発生を抑えるために、経糸に塗布する糊を新規に開発しました。さらに、超細繊度の糸を一定の圧力で緯糸として飛走させると、糸がダメージを受けやすくなるため、織機の改造を行い製織時の強力低下を抑えました。

・ 低通気性を確保した加工技術

染色加工工程において、マルチフィラメントを均一に並べながら、40μmにまで押しつぶす加工法により、被膜形成加工の必要なしに、通気性が低い織物を製造できるようになりました。

高強力軽量ナイロン織物「シルファイン®N」
高強力軽量ナイロン織物「シルファイン®N」

一般的なナイロン織物
一般的なナイロン織物

3.今後の展開

アウトドア業界は、2000年より軽量化の流れが進んでおり、近年その流れが強まっています。
今後は、東洋紡STCの特化素材を活用しながら、新たな用途展開を進め、積極的な販売を行っていきます。

(ご参考) 「シルファイン®N」が採用された製品の受賞歴

・2006年 「2006年ISPOボルボ・スポーツデザイン賞」を受賞(パタゴニアのダウンセーター)
2009年 「2009 Outdoor Industry Award」を受賞(マーモットのレインウェア)
2010年 「2010 Outside GEAR OF THE YEAR」を受賞(マーモットのレインウェア)
2011年 Outdoor Retailer Showで「GOLD」を受賞(マウンテンハードウェアのウインドブレーカー)

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年