• ホーム
  • ニュースリリース
  • 第59回SURE SPORTS®展 2013年 FALL&WINTER「大阪キタの国から」

このページを印刷

第59回SURE SPORTS®展 2013年 FALL&WINTER「大阪キタの国から」

2012年5月23日

PDFをダウンロード (162KB)

(東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社)

 東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社(以下、東洋紡STC)のスポーツウエア素材を取り扱うスポーツアパレル事業部は、2013年秋冬向け展示商談会「SURE SPORTS®展」を開催します。
 今回のテーマは「大阪キタの国から」です。秋冬に求められる機能をさまざまなテーマごとに追求したスポーツ向け快適素材群を提案します。

1.日時

大阪:5月29日(火)~ 31日(木) 10:00~17:00
東京:6月 5日(火)~  7日(木) 10:00~17:00
(いずれも最終日は、16:00まで)

2.場所

大阪:東洋紡本社ビル 12F大会議室
東京:東京都立産業貿易センター 浜松町館2F 展示場

3.テーマ「大阪キタの国から 2013 初熱(ハツネツ)」

2013 初熱
現在まで培ってきた技術を応用することにより、テキスタイルのみならず、わた・コーティング・膜・裏地に至るまで吸湿発熱素材をオールラウンドに展開する初めての試みです。

「シュアスポーツ®」素材を大阪キタから世界に発信します。

4.重点プロモート素材 (* は新商品)

(1)「E-スウェットTM」*

 ポリエステルによるスパンライク糸を使用したスウェット生地です。
綿による従来のスウェットに比べ、吸水性、乾燥性、イージーケア性に優れます。

(2)「モイスサーモ®」*

 後加工による吸湿発熱機能を有するポリエステル中綿です。防寒アウタージャケットの中綿として使うことにより、人体からの湿度を感知して温度上昇、暖かさを有します。

(3)「サーモエフェクト®」

 太陽光エネルギーを吸収して温度上昇する特性を持ったポリエステルと、身体から発生する水分を吸湿して発熱する後加工を組み合わせた編地です。
起毛することにより保温性とソフト感を向上させた裏地です。

(4)「シルファインエール®」

 高強力ナイロン糸「シルファイン®」を超異型化することで、従来の軽さと引裂強力はそのままに、高密度布帛の低通気度にさらなる耐久性を持たせた、光沢感のある次世代型ダウン用側地です。 このたび、17デシテックスという細繊度化かつ超異形化に成功したことにより、より薄くて耐久性の良いダウン用素材を提案します。

(5)「シルファインプリズム®」

 従来のブライト糸より際立った光沢感を持つ布帛です。また、素材バリエーションの組み合わせにより、ヨーロッパ調の陰影感と高い引裂強力を兼ね備えるなど、「感性」と「高機能」が融合した新しい素材です。
 この展示会では、このたび新規開発したさらに細い22デシテックスの光沢素材を提案します。

(6)TKI GPS(GARMENT PRODUCTION SYSTEM)

 東洋紡のインドネシア関係会社であるTKI(編立/染色)、およびSTG(縫製)を活用した一貫生産(生地~縫製品)システムによる機能繊維製品を提案します。

出展点数は生地約200点、縫製品約30点の予定です。

 

(ご参考)

1.TKI(PT.TOYOBO KNITTING INDONESIA)

社長: 北阪 英志 (STGと兼務)
事業内容: ニット生地などの編立染色加工、販売 (TKI生産能力:130トン/月)
所在地: KAWASAN KIIC BLOCK B-3, KARAWANG, JAWA, BARAT, INDONESIA
株主構成: 東洋紡績株式会社 96.50%、PT.GREAT RIVER INTERNATIONAL 1.75%、
PT.GOLDEN CASTLE 1.75%

2.STG(PT. SHINKO TOYOBO GISTEX GARMENT)

社長: 北阪 英志
事業内容: ドレスシャツとニットの縫製 (ミシン900台)
所在地: JL PANYAWUNGAN KM.19, DESA CILEUNYI WETAN BANDUNG, INDONESIA
株主構成: 東洋紡スペシャルティズトレーディング(株) 80%、GISTEX 20%

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年