このページを印刷

事業所遊休地をメガソーラー発電システムに活用

2013年7月31日

PDFをダウンロード (162KB)

 当社は、三重工場(三重県四日市市)および総合研究所(滋賀県大津市)の敷地の一部をメガソーラー(大規模太陽光)発電システム設置用地として賃貸し、環境負荷の少ない再生可能エネルギー利用の普及に役立てることにしました。

1.設置システムについて

 当社はこのたび、環境負荷の少ない再生可能エネルギー利用の普及に貢献できるメガソーラー発電システム施設用地として、三重工場および総合研究所の遊休地を、中部電力の子会社である株式会社シーエナジーへ賃貸しました。三重工場のメガソーラー発電システムは、2013年7月より稼動し、同年12月には総合研究所の同発電システムが稼動する予定です。
 今回の発電システムは、株式会社シーエナジーが設置・運営します。発電した電気は再生可能エネルギー固定価格買取制度により、中部電力株式会社および関西電力株式会社へ販売されます。
 なお、今回設置する太陽光パネルには、当社の太陽電池バックシート用フィルム「シャインビーム®」※1が使用されています。

※1 「シャインビーム®」は、当社が太陽電池バックシート向けに開発した耐加水分解ポリエステルフィルムです。重金属フリーで環境負荷低減に寄与するフィルムです。

三重工場メガソーラー発電システム
(三重工場メガソーラー発電システム)
総合研究所メガソーラー発電システムイメージ図
(総合研究所メガソーラー発電システムイメージ図)

2.メガソーラー(大規模太陽光)発電システムの概要

(1)三重工場の設置システムについて

①設置場所 三重県四日市市楠町本郷30
②想定年間発電量 250万kWh
③発電所敷地面積 45,735㎡
④システム稼働日 2013年7月1日

(2)総合研究所の設置予定システムについて

①設置場所 滋賀県大津市堅田二丁目1300番3ほか
②想定年間発電量 130万kWh
③発電所敷地面積 20,055㎡
④稼動予定 2013年12月

3.参考

株式会社シーエナジー

所在地 :愛知県名古屋市中区新栄2丁目19番6号
代表者 :代表取締役社長 山田 登紀彦
資本金 :36億円
事業内容 :エネルギー利用に関するコンサルティングなどの総合エネルギーサービス事業
主要株主 :中部電力73%、東邦ガス12%ほか

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年