このページを印刷

第62回「SURE SPORTS®展」 2015年 SPRING&SUMMER 「融合」

2013年11月21日

PDFをダウンロード (142KB)

(東洋紡STC株式会社)

 東洋紡STC株式会社(以下、東洋紡STC)のスポーツウエア素材を取り扱うスポーツアパレル事業部は、2015年春夏向け展示商談会「SURE SPORTS®展」を開催します。
 今回のテーマは「融合」です。春夏に求められる機能をさまざまなテーマごとに追求したスポーツ向け快適素材群を提案します。

1.日時

東 京:11月26日(火)~28日(木) 10:00~17:00
大 阪:12月 3日(火)~ 5日(木) 9:30~17:00
(いずれも最終日は、16:00まで)

2.場所

東 京:東京都立産業貿易センター 浜松町館2F 展示場
大 阪:東洋紡本社ビル 12F大会議室

3.テーマ 「融合」

 全てを簡易化、効率化する時代・・・。いくつもに分かれていたものを全てひとつに集約・融合させようとする時代の流れ・・・。今、スポーツウエアも、スマートとリラックスの融合、デザインと機能の融合が大きなテーマになります。
 今回の「SURE SPORTS®」展では、この「融合」をテーマに、春夏に求められるさまざまなスポーツ機能素材をご提案いたします。

4.重点プロモート素材 (* は新商品)

(1)「モアナ™」*

 機能とデザインを融合させた新しいスポーツリラックススタイルを提案します。
クォーターゲージニット※1を中心とした、感性を感じさせるニット生地です。
 ※1 生地の裏表で編ゲージ差(1:4)を付けることで、独特のダブルフェイスを実現しました。

(2)「テクニスタ®48」

 レギュラーポリエステル(PET)に後加工で従来にないストレッチ性、キックバック性を付与したニット生地です。今回新たに汗じみが目立ちにくい織物を開発しました。
ポリウレタンを使用しないストレッチ素材としてスパッツなど、いろいろな用途展開を提案します。

(3)「D-MAX ™」

~「高機能」から「高感性」へ ~
 高密度織物の密度をさらに最大限まで高めた織物です。異次元の風合いを持ったナイロンおよびポリエステルの織物を提案します。

(4)「シルファインエール®」「シルフローラエール™」*

 高強力ナイロン糸「シルファイン®」を超異型化し、さらにハイマルチ化(1dpf※2)することで風合いを柔らかくしました。従来の軽さと引裂強力を維持し、高密度布帛の低通気度とさらなる耐久性を持たせた、光沢感のある織物を提案いたします。
 同じ機能(耐久通気)をもつポリエステルの織物「シルフローラエール ™」を新規に開発しました。
 ※2 糸の細さを表す表現。7dpf の従来品からさらに細い糸を開発しました。

(5)「ナノブリッド®」*

 C6タイプ※3の撥水撥油織物です。これまでC6タイプでは難しかった100回洗濯後も3級レベルを維持する高い撥水性を実現しました。また、撥油性にも優れています。
 ※3 環境汚染が懸念されるフッ素含有化合物の一種、PFOA(ペルフルオロオクタン酸)、PFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)の発生を抑えた撥水加工方法です。

(6)TKI GPS(GARMENT PRODUCTION SYSTEM)

 東洋紡のインドネシアのグループ会社であるTKI、および東洋紡STCのインドネシアのグループ会社であるSTGを活用した一貫生産(生地~縫製品)システムによる機能繊維製品を提案します。

出展点数は生地約200点、縫製品約30点の予定です。

 

(ご参考)

1.TKI(PT.TOYOBO KNITTING INDONESIA)

社長: 長谷川 孝雄 (STGと兼務)
事業内容: ニット生地などの編立染色加工、販売 (TKI生産能力:150トン/月)
所在地: KAWASAN KIIC BLOCK B-3, KARAWANG, JAWA, BARAT, INDONESIA
株主構成: 東洋紡(株) 96.50%、PT.GREAT RIVER INTERNATIONAL 1.75%、
PT.GOLDEN CASTLE 1.75%

2.STG(PT. SHINKO TOYOBO GISTEX GARMENT)

社長: 長谷川 孝雄
事業内容: ドレスシャツとニットの縫製 (ミシン900台)
所在地: JL PANYAWUNGAN KM.19, DESA CILEUNYI WETAN BANDUNG, INDONESIA
株主構成: 東洋紡STC(株) 80%、GISTEX 20%

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社 広報室
電 話:(大阪)TEL 06-6348-4210
電 話:(東京)TEL 03-6422-4827

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年