• ホーム
  • ニュースリリース
  • 第63回「SURE SPORTS展」 2015年 FALL&WINTER 「闘(とう)衣(い)ストーリーズ」

このページを印刷

第63回「SURE SPORTS展」 2015年 FALL&WINTER 「闘(とう)衣(い)ストーリーズ」

2014年5月27日

PDFをダウンロード (145KB)

(東洋紡STC株式会社)

 東洋紡STCのスポーツウエア素材を取り扱うスポーツアパレル事業部は、2015年秋冬向け展示商談会「SURE SPORTS®展」を開催します。
 今回の展示会は従来のアスレチック、アウトドアのみならず、スポーツ全てのセクションの素材を提案する総合展です。また、日本エクスラン工業(株)の素材も出展し、秋冬に求められる機能をさまざまな用途、競技ごとに追求したスポーツ向け快適素材群を提案します。

1.日時

大阪:6月 3日(火)~ 5日(木)  9:30~17:00
東京:6月10日(火)~12日(木)  9:30~17:00
(いずれも最終日は、16:00まで)

2.場所

大阪:東洋紡本社ビル 12F大ホール
東京:両国KFC国際ファッションセンタービル 3F

3.テーマ「闘衣ストーリーズ」

 スポーツウエア・・・それはアスリートのための闘うウエア。私たちはそれを「闘衣」と呼びます。それぞれのスポーツに適した闘うためのウエアがあります。
 今回の「SURE SPORTS®展」では、この「闘衣ストーリーズ」をテーマに、スポーツウエアの真の姿をご提案いたします。「アスリート」と「ウエア」が一体になる、まさに「人衣一体・闘衣ストーリーズ」をご覧ください。

4.重点プロモート素材 (* は新商品)

(1)「アクセンシャル®ゼブラ」*

 性質の異なる2本の高嵩縮(こうけんしゅく)ポリエステルを組み合わせ、高密度に編み立てたニット生地です。独特な風合い・ストレッチ性を持ちながら、ハリコシがあり、仕立て栄えのするウェアリングを実現します。まるでゼブラ柄のように2本の糸が絶妙なシルエットを醸し出す雰囲気をお楽しみください。スポーツアイテム、競技別の要求特性を取り入れた開発生地を提案します。

(2)「テクニスタ®48」

 レギュラーポリエステル(PET)にも関わらず、優れたストレッチ性、キックバック性を有したニット生地です。ポリウレタンを使用しないストレッチ素材として耐塩素性、耐久強度、プリント堅牢度に優位性を発揮します。水着・スパッツ・スポーツアンダーなど、さまざまな用途展開を提案します。

(3)「シルフローラ®Ⅹ(テン) ECO」*

 リサイクルポリエステル糸での細デニールハイカウント糸は、開発が非常に難しいとされてきました。今回は東洋紡STCのハイカウント技術を駆使し、10dtexのハイマルチ糸の開発に成功しました。風合い、生地物性、染色堅牢度は従来の「シルフローラ®」と変わらず、環境に優しい素材を提案します。

(4)「ポリカーボネーティッド™」

 織物の表面にポリカーボネート系ポリマーをコーティングすることで、磨耗耐久性に優れた織物を開発しました。

(5)「IRORI™」

 織物の裏面に特殊薬剤をコーティングすることで、身体からの赤外線を吸収・発熱し、高い蓄熱効果をもつ織物を開発することができました。さまざまなスポーツアイテムに提案します。

(6)ゴルフ向け素材・ウェアリング提案

 ゴルフに必要な全てのアイテムについて、シーンに合わせたベストな素材・ウェアリングを提案します。また、それぞれのアイテムにおいてベストなサプライチェーンの提案も行います。
 高吸湿性を有した改質レーヨンを使用したシャツ生地「ドライサポート®」、防縮ウールを多く使用し、マシンウォッシャブルも可能なセーター素材「マナード®-W(ウール)」など、多くの素材を取りそろえています。

(7)「極衣®」

 0.5dtexの超極細アクリル繊維です。アクリル本来の保温性に加えて、直接肌に身に着けてもソフトな肌触りと心地良い着用感を感じることができます。
 その他、機能性アクリルも出展し、スポーツ・アウトドアシーンに新たな感覚を取り入れます。

(8)TOYOBO GPS(GARMENT PRODUCTION SYSTEM)

 東洋紡の海外グループ会社を活用した一貫生産(生地~縫製品)システムによる機能繊維製品を提案します。

・インドネシアオペレーション :ニットアイテム
・中国オペレーション :ゴルフウエアアイテム
・ベトナムオペレーション :布帛アイテム

 
出展点数は生地約350点、縫製品約50点の予定です。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社 広報室
電話 (大阪)06-6348-4210
電話 (東京)03-6887-8827

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年