このページを印刷

新超粒インシュレーション 「グレンゲラン™」降臨!

2014年6月4日

PDFをダウンロード (268KB)

(東洋紡STC株式会社)

 東洋紡STCは羽毛に替わる素材として新超粒(ちょうりゅう)インシュレーション(中わた)「グレンゲラン™」を、国内でも高い成型技術を持つ株式会社アライ(本社:京都市、代表取締役 荒井正一)と技術提携し、開発いたしました。
 「グレンゲラン™」は、2014年6月3日から開催されている「SURE SPORTS®展」で紹介しています。

イメージ イメージ

イメージ

1.背景

 昨今、中国で発生した鳥インフルエンザの影響により、水鳥から採取する羽毛は供給が減少し価格が高騰するなど、安定的に調達することが難しい状況です。
 このような状況下、東洋紡STCは細粒化(さいりゅうか)テクノロジーを駆使した「グレンゲラン™」を羽毛に替わる中わた素材として提案します。

2.「グレンゲラン™」開発のコンセプト

(1)ふんわり、きめ細やかな空気層ができるため、思い通りのエアリーな着心地が追求可能です。
(2)新超粒と生地との絶妙なコンビネーションで、着心地やフォルムに一層の美しさをプラスします。
(3)粒状わたの形状を、原料レベルからデザインします。

3.「グレンゲラン™」の特長

(1)「優れた回復性」

 一般わたに比べ、優れた回復性を実現しました。
 同体積の一般わたと「グレンゲラン™」に5.6g/cm³の一定荷重をかけ1分後の回復率を比較した結果、一般わたが75%に対して「グレンゲラン™」は90%と15ポイント上回っています。(TOYOBO法 調べ)
 ※粒の大きさ、素材によってデータは変動します。

グレンゲラン™と一般インシュレーションの回復比較イメージ

(2)「素材のバリエーション」

 素材はポリエステルだけでなく、ポリフェニレンサルファイド(PPS)繊維を使用した「断熱PPSタイプ」や、アクリレート(AR)系繊維を使用した「吸湿ARタイプ」などをラインアップ。お客さまのご要望にお応えし、カスタマイズが可能です。

(3)「メンテナンス性能」

 球状であるため一般わたやダウンに比べ繊維の吹き出しを抑え、繰り返し洗濯も可能です。

(4)「幅広い用途」

 粒の大きさをコントロールできるため、掛け布団などの寝装やダウンタイプのジャケットをはじめとした衣料、その他幅広い展開が可能です。

(5)「海外供給」

 (株)アライのベトナム工場での生産体制も進め、日本と同等のクオリティで海外提供が可能です。

4.今後の予定

2015年度、売り上げ金額を1億円規模からスタートさせる予定です。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年