• ホーム
  • ニュースリリース
  • 敦賀に酵素精製新棟を建設し、精製能力を50%増強 ~診断薬用原料酵素の新興国向け需要増に対応~

このページを印刷

敦賀に酵素精製新棟を建設し、精製能力を50%増強 ~診断薬用原料酵素の新興国向け需要増に対応~

2015年3月31日

PDFをダウンロード (167KB)

 当社は、診断薬用原料酵素の需要増加に対応すべく、敦賀バイオ工場(福井県敦賀市)に精製新棟を建設し、酵素凍結乾燥設備およびストックタンクを増設しました。
 これにより、精製能力は50%増となり、新設備は4月から稼働します。

1.増設の背景

 当社の診断薬用原料酵素は、品質優位性、信用度(供給力、品質管理)などの強みにより、全世界でも高い市場占有率を有しています。
 現在、診断薬用原料酵素は、新興国市場向けを中心に年率約5%で需要が拡大しており、今後もこの拡大傾向が継続すると予想されます。当社は2010年に、酵素発酵槽の生産能力を2倍に増設しましたが、この需要拡大に対応するために、後工程である精製工程の設備増強を行いました。投資額は約20億円です。

2.今後について

 当社はバイオ、医療機器、海水淡水化膜、医薬品製造受託など、ライフサイエンス分野を成長の柱の一つと位置づけています。2013年7月はスペインの診断薬・診断機器製造販売会社スピンリアクト社を買収しました。今回の診断薬用原料酵素の精製能力増強により、新規案件の獲得、シェアアップを行い、さらなる海外での事業拡大を目指します。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社 コーポレートコミュニケーション室
広報グループ
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年