• ホーム
  • ニュースリリース
  • ドイツ・フランクフルトで開催される産業用繊維・不織布展示会「テクテキスタイル2015」に出展

このページを印刷

ドイツ・フランクフルトで開催される産業用繊維・不織布展示会「テクテキスタイル2015」に出展

2015年4月27日

PDFをダウンロード (132KB)

 当社および関係会社の日本エクスラン工業株式会社は、ドイツ・フランクフルトで開催される産業用繊維・不織布展示会「テクテキスタイル2015」に出展し、「安全性と快適性」を追求した機能素材を提案いたします。

1. 日時

2015年5月4日(月) ~ 7日(木) AM 9:00 ~ PM 6:00

2. 場所

Messe Frankfurt, “ Halle 4, Ebene 1, Booth A33”
Ludwig-Erhard-Anlage 1, 60327 Frankfurt am Main

3. 「テクテキスタイル2015」について

 「テクテキスタイル2015」は、世界最大の産業用繊維・不織布の展示会です。2年に1度の開催であり、前回の2013年には、48の国・地域から、1,300以上の会社・機関が出展し、97の国・地域から、約2万8千人の来場者がありました。

4. 今回の出展テーマ:Safety & Comfort

 当社の企業スローガンである「Ideas & Chemistry」(高機能を生み出すひらめき「Ideas」と、新素材を創り出す化学「Chemistry」)から生み出された機能繊維を、「安全性と快適性」を追求する用途に展開し、持続可能な社会に貢献していきます。

5. 出展素材

○ PBO 繊維「ザイロン®」

有機繊維として世界最高レベルの強度と弾性率、耐熱性と難燃性を有します。消防服などの防護衣料や耐熱フェルトなどの産業資材向けに使用されています。

○ 高強力ポリエチレン繊維「ツヌーガ®」

当社独自の技術で開発した高強力ポリエチレン繊維で、耐切創性に優れています。
この特長を生かし、安全手袋などの防護用品をはじめ、さまざまな用途へ展開しています。

○ 三次元スプリング構造体「ブレスエアー®」

ランダムコイル状の弾性モノフィラメントからなるクッション構造体です。通気性・耐久性に優れ、また、使用後は再溶融してリサイクルが可能であることから、環境にもやさしいという特長を持ちます。寝装具や車両の座席などの用途を中心に、ウレタンフォームに替わるクッション素材として使用されています。

○ 熱伝導性冷感生地「iCOLD®」

「ツヌーガ®」と特殊繊維の組み合わせにより生まれた、すばやく熱を拡散する、熱伝導性に優れた冷感生地です。シーツなどの寝具として使用した場合は、寝返りをするたびに冷たさを実感でき、夏場に使用する寝具用素材に適しています。また、洗濯後もその機能は変わりません。

○ 高難燃アクリレート系繊維 (PX01)

非ハロゲン系、非リン系の難燃素材です。アクリレート系繊維でありながら、溶融せず、燃焼時に煙の発生がほとんどありません。また、吸放湿機能に優れ、さらにアンモニアや酢酸、アルデヒド類に対する消臭機能ももちます。寝具や車両用シートなどの裏材や、防護服、衣料・寝具などの中綿への用途が期待されます。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社 コーポレートコミュニケーション室
広報グループ
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年