このページを印刷

第65回「SURE SPORTS®展」2016年 FALL&WINTER「COLD BREAKERS」

2015年5月28日

PDFをダウンロード (145KB)

(東洋紡STC株式会社)

 東洋紡STCのスポーツウエア素材を取り扱うスポーツアパレル事業部は、2016年秋冬向け展示商談会「SURE SPORTS®展」を開催します。
 今回の展示会も前回に続いて、従来のアスレチック、アウトドアのみならず、スポーツ全てのセクションの素材を提案する総合展です。また、日本エクスラン工業㈱の素材も出展し、さまざまな用途、競技ごとに追求した、秋冬に求められる快適素材を提案します。

1.日時

大阪:6月2日(火)~ 4日(木)  9:30~17:00
東京:6月9日(火)~11日(木)  9:30~17:00
(いずれも最終日は、16:00まで)

2.場所

大阪:東洋紡本社ビル 12F大ホール
東京:両国KFC国際ファッションセンタービル 3F

3.テーマ「COLD BREAKERS (西高東低戦線異常アリ!!)」

 スポーツが生活に違和感なく溶け込んでいる今日。今回の「SURE SPORTS®展」では、秋冬向けの一押し素材がヒーローに扮して登場します。それぞれの得意技(機能)で、悪の組織(冬の不快な要因)から冬場のアスリートを守ります。独自に進化したヒーロー(素材)と、新たなアイテムである「エアボル」を身につけたニューヒーローから目が離せません!

4.重点プロモート素材 (* は新商品)

(1)「テクニスタ®48 エアボル」*

 レギュラーポリエステルでありながら、優れたストレッチ性、キックバック性を維持し、バルキー性の高い起毛で優れた保温性を有します。
 このバルキー性の高い素材を「エアボル」として区分し、新たな素材として提案します。

(2)「アクセンシャル®ゼブラ エアボル」

 性質の異なる2本の高捲縮(こうけんしゅく)ポリエステルを組み合わせることで、バルキー性と高弾反性を兼備したニット生地です。独特の風合い・ストレッチ性を持ちながら、ハリコシがあり、仕立て栄えのするウエアリングを実現します。新しいバリエーションとして嵩高起毛品「エアボル」を提案します。

(3)「シルファイン®タリアテッレ」*

 高強力ナイロン「シルファイン®」の糸断面の超扁平化に成功しました。今までにない透明性があり感性豊かな素材を提案します。その名も「タリアテッレ」。かつてない扁平ナイロン糸、風合いを、ぜひお楽しみください。

(4)「シルファインエール®」

 高強力ナイロン「シルファイン®」の糸断面がY字になっており、洗濯や経年による生地組織の動きを少なくし、ノンコーティングでありながら耐ダウン漏れ性および防風性を高めた薄地織物です。今回は過去最軽量となる超軽量素材(当社比)を提案します。

(5)ゴルフ向け素材・ウエアリング提案

 ゴルフ向け提案では、シャツ、パンツ、セーターの共通開発として、「エクス®」「極衣®」「バルキーナ®」などの軽くて暖かい高機能アクリル素材を使い、起毛商品を提案します。さらにシャツ関連では、高品位ハイブリッドコットン「マスターシード®」の製品染めシャツや、特殊風合いのストレッチベア天竺シャツなどを提案します。
 セーター関連では当社オリジナルヤーンの「モーションブレイン®」「マナード®-W」を使用したストレッチセーターと、暖かみのある意匠糸セーター、ミルド加工セーターなどを提案します。アウター・パンツ関連では、強いストレッチパワーを持った「タフモーションTM」シリーズを提案します。ウールタイプ・複合糸タイプなど、秋冬のゴルフシーンにマッチしたラインアップになっています。

(6)「EXLAN’s BEST ONE」

 秋冬に適した、エクスランの機能アクリル素材を提案します。究極の肌触りを目指して開発した世界最細クラスのマイクロファイバー「極衣®」(今回はアウター用途の「極衣®」も出展)、空気を含み抜群の保温力を発揮する「バルキーナ®」、除菌プラス汗消臭の新素材「エチケット®Ag+」など、その他にも機能素材を出展し、スポーツ・アウトドアシーンへの新しい切り口を提案します。

 
出展点数は生地約300点、縫製品約50点の予定です。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション室
電話:06-6348-4210
東京総務部
電話:03-6887-8827

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年