このページを印刷

第10回「Tasty展」~明日への挑繊!!~「機能・強・明日」

2015年6月24日

PDFをダウンロード (184KB)

(東洋紡STC株式会社)

 東洋紡STCの素材を提案する「Tasty(テイスティ)総合素材展(TOYOBO Artistic Special Technology Exhibition)」を下記の通り開催いたします。

1.日時

大阪  7月1日(水)~  3日(金) 10:00~17:00
東京  7月8日(水)~ 10日(金) 10:00~17:00
(最終日は、大阪会場:16:00まで、東京会場:15:00まで)

2.場所

大阪  東洋紡ビル12F
東京  両国KFC国際ファッションセンタービル3階

3.テーマ  ~明日への挑繊!!~「機能・強・明日」

東洋紡STCは、常にお客さまの声に応えるべく、明日に向かってさらなる機能を追求しています。
今回の展示会では、綿並みの吸湿性を持ったポリエステルや、東洋紡STCこだわりの紡績技術を用いて開発した新素材を提案します。新時代の幕開けにご期待ください!

4.重点プロモート素材(*は新素材)

◎共通素材

・「グレファージュ」*

 綿と同等の吸湿率を持つポリエステルを混紡したスパン糸です。ポリエステル本来の吸水・速乾性はそのままに、吸湿性を持たせた全く新しい機能ポリエステルです。

・「セレス®」ファミリー*

 「セレス®」の持つ、抗ピル性、洗濯耐久性はそのままに、風合いのバリエーション(清涼、ソフト)と機能(軽量、吸湿発熱)等を付与することで、さまざまなシーズン、用途に対応できる新しい「セレス®」の可能性を提案します。

◎原糸販売素材

・「マナード®」

 45周年を迎える東洋紡の長短複合糸の代表商品。ウール複合から、超マイクロ特化ポリエステル短繊維「スレンダーシックス®」との複合等、幅広い素材バリエーションで提案します。

・「トライクール®」

 東洋紡STC独自のY字断面マイクロポリエステル原料を使用した紡績糸で、ファインセラミックスを高配合することで、直射日光から身体を守り、快適さを維持できます。
特殊な糸構造により、爽やかな着用感が得られ、ピリングの発生も抑制する新素材です。

・「ソレイユ®オーガニック」

 良質なインディアン・オーガニックコットンを厳選して紡いだ綿糸で、地球環境に配慮した天然エコロジー素材です(国際オーガニック認証原糸)。長綿・超長綿グレードのため、優美な表面感としっとりした風合いの表現が可能です。

・「マハラニ®」

 最先端のバイオテクノロジーを駆使して、21世紀に開発されたハイブリッドコットンです。
インド南部デカン高原の豊かな大地に育まれた最高級超長綿で、上品で美しい表面感と繊細でやさしい風合い、ビビットな発色性が特長です。

◎インナー素材

・「リフレス®」

植物生まれの繊維でシルクのようにしなやかで、ウール並みの高い保湿性を持つ肌にやさしい“潤い”繊維です。

・「のび子®」*

 2WAYストレッチ素材「のび子®」は、約300%の高い伸び率を持ちながらも、戻りが良く、しっかりフィットする未来のストレッチ素材です。

◎寝装素材

・「TM-Xコンポジット中材」*

 耐久性に優れた洗える三次元スプリング構造体「ブレスエアー®」「エアークロス®」と、粒ワタ「グレンゲラン®」に加え、特殊不織布と特化ニットテキスタイルで非常にソフトな触感が特長の「スイートタッチ」を複合した、軽量、清潔、快適を兼ね備えた究極の中材です。

◎シャツ素材

・「マスターシード®」

 シルクのような光沢とカシミアのように滑らかなソフトタッチが特長である東洋紡のオリジナルコットンです。

・「アルザス®」

 衣服と肌の間の微妙な空間の温度・湿度・気流(「衣服内気候®」)の快適性を追求した機能素材です。

・「スレンダーシックス®」

 0.6デシテックスの超ウルトラマイクロエステルで、類のないソフトタッチと鮮やかな発色性が特長のオリジナルニューファイバーです。

◎スポーツ素材

・「テクニスタ®48」

 レギュラーポリエステルにもかかわらず、優れたストレッチ性、キックバック性を有したニット生地です。ポリウレタンを使用しないストレッチ素材として耐塩素性、耐久強度、プリント堅牢性に優位性を発揮します。機能性アンダーウエア、スイムウエア、レギンスなどのレッグウエアと、さまざまな用途展開の可能性があります。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社
電話:コーポレートコミュニケーション室
06-6348-4210
東京広報室
03-6887-8827

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年