• ホーム
  • ニュースリリース
  • コストパフォーマンスを追求した植物工場を設計・施工 ~初期投資コストは従来の1/2、生産性は2倍 ~

このページを印刷

コストパフォーマンスを追求した植物工場を設計・施工 ~初期投資コストは従来の1/2、生産性は2倍 ~

2018年3月5日

PDFをダウンロード (202KB)

 当社グループの東洋紡エンジニアリング株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:前田 大一郎、以下TBEC)は、省スペースで生産効率を高めた、コストパフォーマンスを徹底的に追求した完全閉鎖型植物工場を設計・施工します。この工場を運営するのは、植物工場運営では業界大手の株式会社木田屋商店(本社:千葉県浦安市、代表取締役社長:木田 喜太郎)です。「㈱木田屋商店第2プラント」(福井県小浜市)として2018年10月から稼働します。

1.植物工場について

 従来の植物工場は、広い敷地や周辺設備など、高額な初期投資が必要でした。また、事業を継続するための運用ノウハウや販売先の確保など、ソフト面でも課題がありました。
 今回、TBECが設計・施工を行うのは、「高密植栽培」の完全閉鎖型植物工場です。㈱木田屋商店と運用面で取り組むことにより、以下のメリットがあります。

 (1) 設計・施工と工場運営という両社の経験と実績を生かし、徹底的に無駄を省いたため、初期投資は従来の約1/2
 (2) 収穫の半自動化により省スペース化し、プラント面積は約1/2
(通常600㎏/日の生産を行うためには約1,500㎡(平方メートル)の延床面積が必要ですが、高密植栽培では約800㎡で生産が可能)

2.㈱木田屋商店第2プラントの概要

名称 :㈱木田屋商店第2プラント
所在地 :福井県小浜市
延床面積 :800㎡
栽培品目 :レタス等葉物類
生産規模 :600㎏/日
設計・施工 :東洋紡エンジニアリング㈱

㈱木田屋商店は、栽培した野菜を業務加工用として出荷します。

3.今後の展開

 TBEC は、2011年より参入した完全閉鎖型植物工場の設計・施工において、さらなる生産性の向上につながる技術を提案し、国内外で植物工場関連事業を拡大していきます。
 また、さまざまな機能性野菜の栽培技術に関する研究開発を行います。

4.会社の概要

<東洋紡エンジニアリング㈱>

所在地 : 大阪市北区堂島二丁目1番16号
代表者 : 前田 大一郎
株主 : 東洋紡株式会社 100%
事業内容 : 建物、プラント建設の設計、施工など

<㈱木田屋商店>

所在地 : 千葉県浦安市北栄3-31-3
代表者 : 木田 喜太郎
事業内容 : スーパーマーケット事業、惣菜事業、植物工場事業など

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部
電話:06-6348-4210 FAX:06-6348-3443
e-mail:pr_g@toyobo.jp
<植物工場に関するお問い合わせ先>
東洋紡エンジニアリング株式会社
アグリ機器事業部
電話:06-6348-4073 FAX:06-6348-1617
e-mail:yutaka_yoshimura@toyobo-eng.co.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年