このページを印刷

二軸延伸ポリプロピレンフィルム生産設備を刷新~犬山工場の生産体制を強化~

2018年12月25日

PDFをダウンロード (137KB)

 当社は、二軸延伸ポリプロピレンフィルム(以下、OPPフィルム)の生産設備を刷新します。犬山工場に約70億円を投資し、年産20,000トン規模の生産設備を新設するとともに、既存の生産設備を休止します。新設備は2022年春頃より稼働を開始する予定です。

犬山工場に新設するOPP生産設備(イメージ)
犬山工場に新設するOPP生産設備(イメージ)

 食品包装用フィルムの国内市場は、共働きや単身世帯の増加に伴う個食化・個包装化を背景に堅調に推移しています。一方、「食の安全」意識の高まりを受け、OPPフィルムに求められる性能や品質はますます高くなっています。
 当社は、1960年代にOPPフィルムの生産を開始。以来、透明性や防湿性、耐寒性などに優れた、さまざまなフィルム製品を提供してきました。このたび、犬山工場の生産設備を刷新することにより、生産効率を向上するとともに、より付加価値の高い製品の生産体制を強化します。
 今後、OPPフィルムの性能・品質に対する要求は、ますます厳しくなります。当社はこうした要求に応えることはもとより、環境負荷の軽減に貢献する高性能なフィルム製品などを開発・生産してまいります。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
電話:06-6348-4210 FAX:06-6348-3443
e-mail:pr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年