このページを印刷

~「持続可能な化学」分野での成長を加速~欧州基盤のベンチャーファンドに参加

2019年2月14日

PDFをダウンロード (129KB)

 当社は、欧州独立系運用会社のCapricorn Venture Partners n.v.(本社:ベルギー ルーヴェン市)が運用するベンチャーファンドCapricorn Sustainable Chemistry Fund(以下、CSCF)に参加しました。CSCFは「持続可能な化学」という考えに基づき、特に機能材、食品、飼料、繊維、燃料などの分野における成長企業に投資を行っており、2018年12月に締め切られた2次募集において、8,650万ユーロの資本金を確定しました。

 近年、環境問題への先進的な取り組みなどの面で、欧州は国際的な潮流を主導しています。同地域に基盤を持つファンドに参加することで、当社が将来的な事業成長拡大に資する情報や投資機会を得る意義は、非常に大きいと考えています。また、CSCFの投資方針は当社の志向する事業分野に適合性が高く、その経営陣は化学・生化学などの事業経験者を中心に構成されているなど、当社の目的に合った投資ファンドであると判断したため、今回の参加に至りました。

 今後、当社は同ファンドの投資委員会のオブザーバーとして、ベンチャー企業の支援を行うとともに、ファンドを通じて得られる新技術、新事業の情報を活用し、持続可能な化学分野での事業拡大に注力していきます。

■ 「持続可能な化学」について

 経済協力開発機構(OECD)の定義によると、「化学製品およびサービスに対する人間のニーズを満たすために、天然資源が使用される効率を改善することを目的とした科学的概念であり、効率的、効果的なプロセスの設計、および、安全で環境に優しい化学製品の製造および使用を含む」とされています。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
電話:06-6348-4210 FAX:06-6348-3443
e-mail:pr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年