このページを印刷

技術分野

化学分析技術

コーポレート研究所内の分析センターでは各種化学分析技術を駆使して、当社の研究開発を支援しています。 例えば、高分子に関する分析では、モノマー組成とモノマー比、末端基解析、モノマーの連鎖解析など化学構造解析、分子量分布解析、さらに添加剤の同定及びその添加量測定などを行っています。また、原料や合成物の化学構造決定や不純物分析、製品のアウトガス分析、含有無機元素の定量分析、そのほか、微小異物分析、臭気分析、微量成分分析なども行っています。化学分析技術を駆使して、性能発現機構の解明、トラブル原因究明、他社動向調査に貢献しています。下に示した分析事例は、UV硬化レジストインキをいくつもの化学分析技術(GPC、GC-MS、IR、NMRなど)を使って分析し、13成分の化学構造を明らかにした例です。

化学分析技術

ページの先頭へ

研究開発

  • 開発方針
  • 技術分野
  • 開発品トピックス
  • 研究開発体制
  • 社外受賞歴
  • 知的財産について
  • ここにも東洋紡製品
  • 公的研究費の運営・管理体制
  • [東洋紡早わかりQ&A]東洋紡のことが早わかり!あなたの知らないTOYOBOを発見しよう。
  • [TOYOBO STORY]東洋紡の130年の軌跡
  • [映像・広告ギャラリー]企業PR映像、CMや新聞広告を掲載しています