このページを印刷

技術分野

物性構造解析技術

PBO繊維「ザイロン」

PBO繊維「ザイロン」

高分子の物性と構造には密接な関係があり、高機能な繊維、フィルムなどの開発を構造解析の側面からサポートしております。X線回折・放射光解析、電子顕微鏡解析(TEM, SEM)、原子力間顕微鏡AFM、X線光電子分光分析(XPS)、固体NMRなど種々の解析技術を活用しています。また、SPring8(大型放射光施設)内に専用のビームラインを運営するフロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体にも参画しており、より高度な構造解析技術で開発を支援していきます。

例えば、ザイロン®(PBO繊維)は当社で開発した高強度・超高弾性率繊維であり、その性能は、p-アラミド繊維の2倍に相当します。物性向上を図るため、X線構造解析や高分解能電子顕微鏡解析を用いて、繊維中での結晶配向と弾性率の関係を調べました。その結果、高い力学物性発現の秘密は、結晶配向の高さにあることが分かりました。 本触媒を使用したポリエステルは、従来のアンチモン系、ゲルマニウム系およびチタン系などの触媒を利用したポリエステルに比べ、ポリマー色調、熱安定性、製造コストなどの面で総合的に優れています。本触媒により製造されたポリエステル樹脂を用いたボトルや太陽電池用バックシートへの販売が開始されました。

ページの先頭へ

研究開発

  • 開発方針
  • 技術分野
  • 開発品トピックス
  • 研究開発体制
  • 社外受賞歴
  • 知的財産について
  • ここにも東洋紡製品
  • 公的研究費の運営・管理体制
  • [東洋紡早わかりQ&A]東洋紡のことが早わかり!あなたの知らないTOYOBOを発見しよう。
  • [TOYOBO STORY]東洋紡の130年の軌跡
  • [映像・広告ギャラリー]企業PR映像、CMや新聞広告を掲載しています