ここにも東洋紡製品

地震災害を軽減する耐震補強シート

→ Top Page

東洋紡の超高強力ポリエチレン繊維「ダイニーマ®」を使用して作られた耐震補強用SPAC繊維シートが、耐震補強の現場で活躍しています。


「もしも地震が発生したら、この建物は大丈夫だろうか?」
そんな皆さんの不安を少しでも解消したい!その思いとともに、今、耐震補強の現場で活躍しているのが、東洋紡の超高強力ポリエチレン繊維「ダイニーマ®」を使用して作られた耐震補強用SPAC繊維シートです。

コンクリート柱に鉄板を巻いた上に、さらにこのシートを巻きつけることにより、強度と靭性(粘り強さ)のバランスに優れた耐震補強を行うことができます。この工法はSPAC工法と呼ばれており、徐々に採用が増えています。

「ダイニーマ®」を使用したシートは、従来使われていた補強繊維シートと比べて柔軟性に富むため、柱に巻きつける際にフィットしやすく、工事中の作業負荷とコストを軽減させることができます。さらに、万が一の火災の際も「ダイニーマ®」を使用したシートからは有毒ガスが発生しません。

現在は、病院や学校、マンションなどを中心に採用されています。今後も少しでも多くの建物を補強し、皆さんに安全を提供していきます。

※2016年4月1日より、「ダイニーマ®」は新商標「イザナス®」に変更となりました。

→ Top Page

このウィンドウを閉じる