事務系の仕事 営業部門 仲石 昌弘

市場のニーズを読む空気清浄用フィルター製品の営業

仲石 昌弘

東京支社 AC事業総括部

仲石 昌弘(Masahiro Nakaishi)/ 2006年入社

(経営学部 経営学科)

企業の最前線でお客さまや市場の評価を実感

主に空気清浄を目的としたフィルター製品の営業を担当しています。お客さまのニーズをいち早く汲み取り、満足いただける製品の立案・設計・販売を行っています。

私は営業を担当していますが、会社の窓口となり、お客さまからの情報収集やお客さまへの製品提案など、常に市場に一番近い場所にいることにやりがいを感じています。

実際に、新製品を立ち上げるときは、開発・製造面の調整やお客さまとの交渉も多々必要なため大変苦労しますが、お客さまや市場の評価をより近いところで実感できることは非常に楽しいです。

また、同時にその責任と役割は大きく、このマンパワーが企業の行く末を左右するというところにも大きな魅力があります。

「人は人により動く」。コミュニケーション力に磨きをかける

会社生活ではたくさんの人との出会いがあり、コミュニケーションがあり、いろいろなシチュエーションを体験します。そのため自身の視野やキャパが広がり、感覚や考え方が磨かれているように感じます。

逆に変わらないことは、自分に素直であることです。装うことなくありのままの自分でいるところと思います。仕事を楽しむためにも、周りの意見を聞きながらも自分の感覚に忠実でありたいです。

また、学生時代の塾講師のアルバイトでは、自身の言動や行動により生徒が「成長する」ことにやりがいを感じ、また同時に責任を感じました。「人は人により動く」ということを学び、今でも私の大きな糧となっています。

営業部門 職場風景1

たくさんの経験を積んで自分の殻を破りたい

仕事での目標は、自身の考えをしっかり持つこと。当たり前のことですが、業務で生じた問題や課題と向き合った時に「どう考え・どうしたいのか」をなかなか明瞭化できない自分がいます。一営業マンとして、お客さまへの信頼にもつながる部分なので、たくさんの経験を積んでこの自分の殻を破りたいです。後は、英語力の向上!必須の要素であるのに全く勉強できていないので。

プライベートでは・・・ステキなパートナーを見つけたいです・・・。

自分の感性に合う企業と出会えたとき、不安は仕事への大きなモチベーションに

私は、将来自分が何をしたいのかさえわからないまま学生時代を過ごし就職活動をしていました。そのような人は他にもたくさんいるはずです。でもそんなこと気にする必要はありません。分からないなら、時間が許す限りいろいろな企業や業種を見て回り、自分の感性で判断してみて下さい。それを続けてください。そして、本当に働いてみたいと思えた企業に出会えたとき、その不安は仕事への大きなモチベーションに変わります。自分が納得できるまでぜひトライしてください。

営業部門 職場風景2