技術系の仕事 研究・開発(素材・プロセス) 榎本 美保

もしものときの命を守るエアバッグ用基布の開発

榎本 美保

総合研究所 機能材開発研究所

榎本 美保(Miho Enomoto) / 2006年入社

(自然科学研究科 物質生命工学専攻)

製造現場からユーザーまで、幅広い分野の人々と関わる

私は、エアバッグ用基布の開発を行っています。職場だけでなく、試作を行うため加工場へ行ったり、客先で開発品のプレゼンを行ったりすることも多いです。学生時代はバイオマテリアルの生体安全性向上などを専攻していたので全く異なる分野ですが、これも「縁」だと思います。

一番のやりがいはいろんな人達と協力してモノを作り上げることです。製造現場からユーザーまで幅広い分野の人々と関われること、自分ひとりではできないことも人との繋がりで成し遂げられること、いろんな人と接して自分の知見が広がることは、開発の魅力だと思います。

仕事ではしんどいことや落ち込むこともありますが「仕事を任されている」責任感や、目標をクリアしたときの達成感もやりがいを感じる部分です。

体力、精神力が鍛えられた学生時代

学生時代はワンダーフォーゲル部に所属し、登山や沢登りをしていたため、体力、精神力と共に肝臓も鍛えられた気がします。

社会人になって変わったことは、朝に強くなったことと電話応対への苦手意識が減ったことです。また、コストや納期、顧客のことも考えるようになりました。でもヒールのある靴を履くとコケることと、化粧が苦手なこと、モノをつくるのが好きなところは今でも変わりません。

職場風景1

誰からも頼りにされる「匠」になりたい

大きなことを言うと、「匠」と言われるような技術者になることが目標です。「あのことだったら、あの人に聞けばいい」「あの人に仕事を頼みたい」と思われるようなベースを築いていきたいと思っています。また、せっかくメーカーに勤めているので、製造現場も経験したいです。

プライベートでの目標は、友人を増やすことです。(周囲には否定されますが)人見知りな性格で、仕事関係や学生時代以外での友人がいないので・・・。

就職活動は、会社と自分とのお見合い

就職活動は、ニュートラルな立場でいろいろな会社を見ることができる素晴らしい機会だと思います。就職後は、他の会社を見る機会は多くありません。また就職活動は、会社と自分とのお見合いであって、縁とタイミングで決まるものだと思います。ですので、多くの会社を見て回り、自分と相性のいい会社を見つけてください。あとは「元気」があれば大丈夫です!(私の採用理由は「元気が良かったから」だったそうなので。)

職場風景2