技術系の仕事 研究・開発(素材・プロセス) 髙地 健太

海水から真水を得る海水淡水化膜の製造と評価

髙地 健太

岩国事業所 岩国機能膜工場

髙地 健太(Kenta Kochi) / 2003年入社

(工芸科学研究科 物質工学専攻)

水資源が不足している地域に効率の良い製品を提供

私は、海水から直接真水を得ることのできる海水淡水化膜の製造および評価を行い、膜の性能向上に取り組んでいます。水資源が不足している地域に効率の良い製品を提供することで、より低コストで、安定して飲料水を供給することができます。仕事を通じて、そのようなことに貢献できることにやりがいを感じます。

限られた時間の中で効率よく物事を進める

学生時代は野外活動研究会に所属して、キャンプなどを主としたアウトドア活動を楽しんでいました。非日常の中で過ごすことで、自然の大切さを感じ取ることができました。また、人との出会いを大切にしており、今でもそれは変わりません。

学生時代と変わったことは、時間に対する考え方です。社会人になってからは時間が限られ、その時間の中でいかに効率良く物事を進めていくかを強く意識するようになりました。

職場風景1

開発した製品を多くの人に使ってもらいたい

今後の目標は、現在取り組んでいるテーマ目標を達成し、製品として市場に提供することです。また、その製品を多くの方に使用してもらいたいです。

プライベートでは、忙しい時でも資格取得などの自己啓発を継続して行っていきたいと考えています。

自らを見つめ直し、進む道を考える

就職活動は、自らを見つめ直すことで自分の進みたい道を考える良い機会であると思います。また活動を通しさまざまなことを体験することは、今後の人生に非常に役立つと思います。大変と思いますが、最後まで後悔のないようにがんばってください。

職場風景2