技術系の仕事 生産技術(医薬) 川添 理恵子

受託による最新の医薬品の開発

川添 理恵子

大津医薬工場 開発部

川添 理恵子(Rieko kawazoe) / 2008年入社

(農学研究科 応用生物科学専攻)

受託業務で、数多くの新薬開発に携わる

私は、臨床試験に用いる注射剤の処方検討、凍結乾燥条件検討など原薬を患者さまの手元に届く最終形態に作り上げる仕事を行っています。受託業務なので、医薬品メーカーやベンチャー企業の方とお会いする機会が多いです。

私は医薬品の開発を担当しており、市場に出回る前の最新のお薬を扱うので、自分の検討したお薬の臨床試験開始や発売のニュースがよく新聞に載っています。それを見て「自分も患者様の苦しみを取り除く、新薬開発の一端を担うことが出来たんだな」と感じています。販売時に東洋紡の名前が載ることはありませんが、受託だからこそ、数多くの新薬開発に携わることが出来るのも魅力です。

新しい知識が、仕事の成果を導く

就職して学生時代と大きく違う点は、仕事をする時間が限られているという点です。業務時間内にいかに効率的に仕事をこなすか、今まさに勉強中です。自分ひとりで仕事を抱え込むのではなく、チームの仲間でどのように仕事を分担して効率良く動くかを考えるようになりました。

一方、変わらないのは「勉強が大切だ」という考え。

大学での研究と入社してからの業務はずいぶんかけ離れていたため、最初は右も左もわかりませんでした。まだまだ未熟ですが、仕事の進め方を身に着けていったり、医薬品に関する法令等の知識を身につけていくことで、少しずつ出来ることが増えていると感じています。大学の研究で日々論文を読むように、新しい知識を身につけることが、仕事の成果を導くためには大切だと思います。

学生時代は、研究以外に塾教師のアルバイトをしていました。私の所属していた塾は学生が立ち上げた塾だったので、授業だけでなく、塾の宣伝のための広告作り、親との面談、カリキュラム作りなどすべてを担当させてもらいました。学生時代のアルバイトを通して学んだ「新たなことに挑戦する姿勢」は仕事にも通じる姿勢だと実感しています。

職場風景1

自らお客さまに改善案を提案していく

現在は先輩から注射剤に関してのノウハウやお客さまへの対応などについて、丁寧に指導いただいています。今後は教わったこと、学んだことを早く身につけ、案件を担当し、自らお客さまに改善案を提案できるようになりたいと思っています。また、先輩のように後輩を育てられる先輩社員として活躍していきたいと思います。

イメージだけで受ける企業を絞らない

就職活動中は今まで知らなかった企業や職業を知り、いろいろな話を聞けるチャンスだと思います。体力的にもしんどいかもしれませんが、出来るだけ多くの企業を回ることをお勧めします。

イメージだけで受ける企業を絞らずに「自分に合う仕事、職場がどの企業にあるのか」実際に訪ねて探してみてください。

職場風景2