技術系の仕事 研究・開発(バイオ) 西村 研吾

疾患の早期発見につながる体外診断薬、診断装置の開発

西村 研吾

敦賀事業所 敦賀バイオ研究所

西村 研吾(Kengo Nishimura) / 2006年入社

(総合人間科学研究科 人間環境科学専攻)

医療の分野から社会に貢献

私は、病院・検査センターで使用する体外診断薬、診断装置の開発を行っています。業務内容として、市場調査、製品設計・開発、製造移管、上市後のフォローと全ての開発ステージを一貫して担当しています。

大学時代の研究とは全く異なる分野に配属となり、入社当初から悪戦苦闘してきましたが、開発した商品についてユーザーから好評価をいただいたときは、やはり大きな喜びや、やりがいを感じます。

疾患の早期発見や、病態の正確なモニタリング、健康状態の的確な把握を行える試薬や装置を開発することで、医療の分野から社会に貢献できることが、大きなやりがいだと感じています。

「相手」を意識した開発

社会人になって大きく変わったことは「相手を意識する」ことです。研究職という立場上、ユーザーはもちろん、営業や工場の方々といった「相手」を意識した開発が重要になります。競合他社との差別化、ユーザーにとっての使い易さ、工場での製造の容易さなど、「相手」を意識した開発を心掛けています。

学生時代はサッカーサークルに所属し、学生リーグと社会人リーグでほぼ毎週のように試合をしていました。大学院では、遺伝子クローニングキットを開発し、ベンチャー企業を設立しました。

学生時代に抱いていた「良い商品を開発して社会に貢献したい」という思いと、相変わらずサッカーを続けていることは今も変わりません。

職場風景1

マーケットやユーザーを意識したテーマ提案を

現在の目標は、まずは今手掛けている製品を納期通りに製品化することです。製品の開発には、テーマ選定と製品設計が非常に重要だと考えていますが、今後は、マーケットやユーザーを意識し、事業化に繋がるテーマ提案をしたいと考えています。また、仕事で海外に行く機会に備え、語学力を向上させることが個人的な課題です。

プライベートでは、2014年サッカーワールドカップのブラジル大会に観戦に行くことが目標です。

自分の肌で会社の「雰囲気」を感じる

パンフレットやWEB上の情報だけでは、その会社のイメージをつかむことは難しいと思います。志望する会社については、実際にその会社に足を運び、自分の肌で会社の「雰囲気」を感じ、判断しましょう。

就職活動は自分自身を見つめ、自分の価値感を知る良い機会。焦らず、自分を否定せず、自分の肌で感じて、自分で選択し、納得して終えることが大切だと思います。

職場風景2