技術系の仕事 研究・開発(素材・プロセス) 田中 孝一

工業用フィルムの生産性・品質の向上

田中 孝一

敦賀事業所 つるがフイルム工場

田中 孝一(Koichi Tanaka) / 2005年入社

(工学研究科 物質工学専攻)

生産性の向上が利益に直結する

私は、液晶画面の一部に使用される工業用フィルムを製造する機台の操作、管理を行っています。特に生産性・品質の向上、改善が主な仕事です。以前は研究開発部門にも在籍しており、さまざまな経験をしました。

現在は東洋紡で最も新しいフィルム生産機台の主担当として業務を行っています。最新機台ということで、全機台の中でも収益に大きく関係しており、責任の大きさが逆にやりがいとなっています。生産性の向上や維持により得られる成果は、利益に直結するため、目標が立て易いのもおもしろいですね。

譲れない信念を持って行動する

社会人になって変わったことは、結果を残すことをより意識して行動しなければならないことです。大学での研究のように新しいデータを取るだけではなく、利益につながる必要があります。

一方で変わらないことは、譲れない信念を持って、主張、行動するよう心がけていることですね。たとえ上司が相手であっても、自分の考えはしっかりと主張するように意識しています。

学生時代は特にサークルなどには所属せず、アルバイトや趣味に時間を費やしていました。大学4年生からは研究に力を注ぎました。私の場合、大学での研究分野が現在の仕事に関係してるので非常に役に立っています。

職場風景1

製造・開発の両方の観点で物事をとらえる

現在の目標は、フィルムの製造、開発の両方の観点で物事をとらえられるようにすること。そして、自分のアイデアで生産性の向上につなげるための改善と成果を残すことです。特に、長年の経験やデータを元に作られた現在の製造条件を、オリジナルの発想でどんどん変えていき、自分仕様に変えてしまうことが目標です。

やりたいことをしっかりと考える

就職活動では、自分のやりたいことが何なのかをしっかりと考えましょう。職種や仕事の分野だけではなく、部署や勤務地なども仕事のモチベーションに影響してくると思います。私自身は、製造と研究開発ともに経験し、勤務地も変わり、就職前と今では考え方が変わりました。

職場風景2