技術系の仕事 研究・開発(素材・プロセス) 福島 靖憲

既存繊維にない特別な機能を持つスーパー繊維の開発

福島 靖憲

総合研究所 機能材開発研究所

福島 靖憲(Yasunori Fukushima) / 2002年入社

(工学研究科 高分子化学専攻)

研究開発品の目標を達成できたときに感じるやりがい

私は、スーパー繊維の基礎研究・開発に携わっています。スーパーという名前が付いているように、既存繊維にはない特別な機能を有する繊維を開発しています。特殊な素材を扱っているため、一般の方が直接触れる機会は少ないのですが、消防服や産業用ロープ、釣り糸などに使用されています。

研究開発の目標達成までは、楽しいことよりも苦しむ時間がほとんどです。また、会社には純粋な研究以外の業務もあり、わずらわしさを感じることもありますが、それらを克服して完成品ができたときは、これまでにない達成感・やりがいを感じることができます。

職場風景1

就職後は驚くほど時間が早くすぎる

学生時代は免許取立ての同期数人で、車と寝袋の野宿で四国一周旅行したりと、今思えば元気いっぱいでした。(そのおかげで勉強の方はそこそこでしたが・・・)社会人になってからは、驚くほど時間が早くすぎるように感じています。その他にも会社に入って変わったことは多々ありますが、変わらないことを敢えて挙げるなら「物事をしりたい」という気持ちだと思います。

職場風景2

より多くの製品を世の中に出していきたい

私の考えですが、企業研究者の目標は、自分の開発品が製品となって世の中に出ていくことです。一部は目標達成してますが、まだまだこの目標を持ち続けていきます。

今を大切に、勉強も遊びも全力で

今を大切に過ごしてください。会社生活では驚くほど時間の経過を早く感じると思います。勉強も遊びも全力でいきましょう。