技術系の仕事 設備開発(機電) 中野 裕文

設備改善による、安全で生産効率のよい現場作り

中野 裕文

犬山工場 工務部

中野 裕文(Hirofumi Nakano) / 2008年入社

(工学研究科 機械システム工学専攻)

現場に易しく安全な工場設備の維持管理

私は、主に工場の設備の維持管理を行っています。2つの生産機台を担当しており、現場に易しい、安全で、トラブルを防止する設備改善を通じて、会社に貢献できるよう日々努力しています。

私が仕事のやりがいを感じるのは、設備改善の案件が成功し、会社に利益をもたらしたときです。設備を壊れにくいように改善し、何度か失敗しつつも完成したときには感動します。特に、その改善により生産ロスが減るなどの効果が得られれば、会社における自分の存在価値を実感できます。

社会人になって感じる「責任の重さ」

学生時代は、たとえ勉強せずに単位を落としたとしても、困るのは自分だけで他人は誰も困りません。しかし会社では、自分が業務をこなさないと利益が出ず、会社や同僚にも迷惑をかけてしまいます。就職して、その「責任の重さ」を感じるようになりました。

学生時代と変わらないことは、分からないことを徹底的に調べることです。今後もこの癖を絶やさず、業務にあたろうと努力しています。

また、学生時代は東洋紡のスーパー繊維「ザイロン」の研究をし、繊維単体の応力特性を調査するための装置開発に没頭しました。その装置で初めて結果が出たときには感動しました。また、研究の息抜きとして、たびたび旅行(国内)に出かけました。旅行関係の本を見るだけでなく「行きたいと思うところは絶対に行く」と決めて行動していました。

職場風景1

新しいプラントの立ち上げメンバーを目指して

今後の目標はまずは、プロジェクトチームに入ることです。そして新しいプラントの立ち上げメンバーに抜擢されたいと思っています。そのために、早く一人前に成長し「中野に仕事をまかせたら大丈夫!」と思われるよう、予算規模の大きな案件をこなし、経験を積んでいきたいと思っています。

何事にも果敢に挑む

会社では、何事にも果敢に挑む姿勢が求められます。会社に入ると、今までにないような壁にぶち当たることが多々ありますが、その姿勢が大切だと自分自身感じています。

一人前になるには、何年かかかる一方で、仕事はこなしていかなければならないのが現実です。ぜひ学生の間に苦労をして「諦めない」というマインドを持って欲しいと思います。まずその第一段として就職活動を頑張ってください。

また、会社に入るとどうしてもプライベートの時間が減るので、キャンパスライフを十分にエンジョイしてください。

職場風景2