技術系の仕事 研究・開発(素材・プロセス) 足立 裕子

ユーザーの要望に合わせた工業用接着剤の開発

足立 裕子

総合研究所 バイロン技術センター

足立 裕子(Hiroko Adachi) / 2007年入社

(工芸科学研究科 物質工学専攻)

ユーザーの満足を得るために試行錯誤

共重合ポリエステル製品「バイロン®」の開発・技術サービスをおこなっています。「バイロン®」は接着剤、塗料、コーティングなど様々な用途に使用されており、中でも工業用接着剤の開発に携わっています。

主な仕事は新規商品の開発で、ユーザーが求める性能を発現できるよう樹脂設計、配合剤設計を検討します。他には国内、海外のユーザーへの訪問をして、技術打ち合わせや製品紹介を実施したり、生産の立会いやそれに伴う打ち合わせを実施したりします。

様々な樹脂系や処方を検討してユーザー提案し、ユーザー評価で合格をもらったときはとてもうれしいです。また、ユーザーとのやり取りも比較的自由にできるため、担当営業の方と相談し合って、どうやって進めていけば東洋紡品を採用してもらえるか戦略を立てたりすることもやりがいがあります。

メンバーと協力して1つの商品を立ち上げる喜びがある

入社してすぐ重点テーマの開発のメンバーの一員となりました。メンバーで様々な実験、議論を重ね、またユーザーともやり取りを深めて、ユーザーが求める性能を満たす製品を立ちあげたときは本当にうれしかったです。

この開発では、コミュニケーションの大切さを実感しました。チームとして開発する場合それぞれが違う意見をもつため、それぞれの意見を尊重しながら、チームとして開発を進めていく必要があります。そのためメンバーときちんとコミュニケーションをとり、物事を前向きに進めていくことが重要だと思いました。

またメンバーそれぞれに得意、不得意なところがあり、チームではそれを補い合い、大きな仕事ができるというところも勉強になりました。

職場風景1

成長できる環境

私が就職活動をしている時、社員の方と話をする機会がありました。社員の方はこちらの緊張をほぐせるよう話しやすい雰囲気を作ってくれました。そういう気配りができる社風にひかれて、入社を決めました。

入社前後で印象は変わらず、仕事上のことですと厳しく指導される場合もありますが、基本的には愛のある指導(笑)です。そのおかげで仕事面ではかなり成長できたと思います。

就職活動は「未来の自分」をイメージしてください

自分のありたい姿がその企業で実現できるかを観察してください。

就活の時は悩んだり余裕がなかったりが多いですが、その時できることを考え、精一杯建設的に行動していくことで次に繋がるはずです。後悔がないよう頑張ってください。

職場風景2