TOYOBO エクスラン事業総括部はアクリル素材の可能性を追求します。
お問い合わせ English HOME

超吸水性繊維
ランシールF
高吸放湿繊維
モイスファイン
高吸湿発熱繊維
モイスケア
イオウ系ガス吸着・金属防錆繊維
セルファインS
アンモニア吸収繊維
セルファインN
酸・アルデヒド吸着繊維
セルファインA
高強度・耐薬品性繊維
テクタス
抄紙用非溶融性バインダー繊維
ビィパル
電気機器防錆材
ロングフレッシュ®
アクリル系微粒子
液状保水材
エスペックL

■消臭性試験
硬化水素、アンモニア、酢酸、イソ吉草酸、インドールの消臭試験に合格しています。

消臭性能試験方法:
(社)繊維評価技術協会の消臭加工繊維製品認証基準
機器分析実施マニュアル(検知管法、ガスクロマトグラフィー法)


(財)日本紡績検査協会測定

■フルートの錆比較試験
[試験方法]
硫化水素ガス濃度・・・0.02ppm
放置時間・・・16日間
放置方法・・・フルートを楽器ケースに入れ、ケースのふたを5ミリあけた状態で放置


■終点検知
イオウ系ガスを吸着すると茶色に変色し、終点検知ができます。
(一度変色すると再生は出来ません)


■ウイルス不活化試験
[ウイルス感染価](log10TCID50/ml)
  実験1 実験2 平均 不活化率(%)
CELFINE®S 3.8 4.0 3.9 99.98
ブランク布 7.8 7.4 7.6 0

大公研第276号 大阪府立公衆衛生研究所測定

■抗菌性試験
[試験菌株] 大腸菌 Escherichia coil IFO 3301

[試験方法] JIS L 1902 定量試験(統一試験方法)
による

[試験結果]
植菌数[A] 2.6×104 log A 4.4
無加工布菌数[B] 4.4×107 log B 7.6
(無加工布は標準綿布を使用)

log B - log A = 3.2 > 1.5 ・・・試験は有効
殺菌活性値= log A - log C
静菌活性値= log B - log C
試料 菌数 log C 殺菌活性値 静菌活性値
CELFINE®S 1.3 3.1 6.3
(注)界面活性剤(Tween80)0.05%を添加した
   試験菌液を使用した。
 
(財)日本紡績検査協会測定

■防カビ性試験
[試験菌] Aspergillus niger(IFO 6341),
Penicillum Citrium(IFO 6352)
Chaetomium globosum(IFO 6347),
Myrothecium verrucaria(IFO 6113)
[試験方法] JIS Z 2911 6.2.1(乾式法)
[試験結果] かびの発生に対して強い抵抗性
(防カビ性)をもつ。
試料 かび抵抗性
2週間後 4週間後 備考
CELFINE®S かびの発育なし




①試験片上に菌糸の発育部分が全面積の1/3を超えて認められる。
②試験片上に菌糸の発育部分が全面積の1/3以内で認められる。
試験片上に菌糸の発育が認められない。
(財)日本化学繊維検査協会測定

■吸放湿性
セルファイン®Sの吸放湿性能は、非常に高く、グラフのように雰囲気の変化により、吸湿と放湿を繰り返します。


■安全性
急性毒性試験(LD50)、変異原性試験(Amesテスト)、皮膚感作性試験及び皮膚貼布試験(パッチテスト)により、優れた安全性を確認しています。


Copyright 1996-2008 TOYOBO CO.,LTD. All rights reserved.
お問い合わせ/HOME
※記載の製品のご使用にあたっては、お客様の用途、使用目的、加工条件等に適合するかどうか十分にご確認下さい。
※記載のデータは参考値であり、あらゆる使われ方に関して、必ずしも品質や安全性を保証するものではありません。