TOYOBO エクスラン事業総括部はアクリル素材の可能性を追求します。
お問い合わせ English HOME

超吸水性繊維
ランシールF
高吸放湿繊維
モイスファイン
高吸湿発熱繊維
モイスケア
イオウ系ガス吸着・金属防錆繊維
セルファインS
アンモニア吸収繊維
セルファインN
酸・アルデヒド吸着繊維
セルファインA
高強度・耐薬品性繊維
テクタス
抄紙用非溶融性バインダー繊維
ビィパル
電気機器防錆材
ロングフレッシュ®
アクリル系微粒子
液状保水材
エスペックL

モイスケアの性能
その他の性能
吸湿・発熱実施例

■モイスケアの性能
1:吸湿性
「モイスケア」の吸湿性能は、ウールの2.5倍、コットンの5倍以上あり、既存の繊維の中では最高の値を示します。

2:吸放湿性
モイスケアの吸放湿性能は非常に高く、下のグラフのように、雰囲気の変化により、吸湿と放湿を繰り返します。すなわち調湿作用にすぐれており、調湿素材として使用できます。

3:吸湿発熱性
「モイスケア」の「吸湿」「熱交換」システム


吸湿発熱量
C-80熱量計を用いて「モイスケア」、羊毛、ダウン羽毛の水分吸着熱を、25℃、RH80.5%の条件で測定した。その結果、下記のとおりの結果が得られた。

試料

吸湿率
(wt%)

水1g当り吸着熱
(発熱)
(J/g)

乾燥繊維1g当り吸着熱
(発熱)
(J/g)
羊毛
17.3
2784.6
482.2
ダウン羽毛
13.9
2822.4
391.4
モイスケア原綿
50.8
2851.8
1449.0
測定した3者を比較すると、水1g当りの吸着熱は繊維の種類によらずほぼ同じ値です。
一方、乾燥繊維1g当りの吸着熱は、吸湿率とおおむね相関関係があります。すなわち吸湿率の高いものは、乾燥繊維1g当りの吸着熱も大きく、「モイスケア」原綿はウールの約3倍の吸湿発熱性能があります。


Copyright 1996-2008 TOYOBO CO.,LTD. All rights reserved.
お問い合わせ/HOME
※記載の製品のご使用にあたっては、お客様の用途、使用目的、加工条件等に適合するかどうか十分にご確認下さい。
※記載のデータは参考値であり、あらゆる使われ方に関して、必ずしも品質や安全性を保証するものではありません。