測定方法・原理 性能

CRPは急性相反応蛋白の一つで、健常人の血中に低濃度(0.6mg/dL未満)存在します。細菌感染症をはじめとする炎症性疾患では、6-12時間で血中濃度が上昇し始め、患者さんが来院するころには異常高値を示します。ウイルス感染ではCRPは上昇しません。CRPを測定することで、細菌感染かウイルス感染かを区別できますので、抗生物質の不必要な投与が避けられます。また、炎症の原因が取り除かれるとCRP値はすみやかに低下しますので、治療の経過をモニターすることもできます。

●ポイント オブ ケア テスティング
診断に必要な検査が、治療の場で実施できます。

●3分以内にCRP定量値が得られます。
その場で治療の方針が決められます。

●どのような血液検体でも測定できます。
血清・血漿および全血で測定できます。血液凝固剤は測定に影響しません。


●検体量は5μL、微量です。
指尖血、耳朶血での測定が可能です。小児の検査に向いています。

<医療機器届出番号 13B1X00019LMS006>

スイッチを入れてから30秒で測定できる状態になります。キャリブレーションは、図のようにキャリブレーションデバイスを3秒ほど読み取るだけです。
本体:20(幅)×17(奥行)×7(高さ)cm
リーダーペン:長さ14.4cm、直径3cm
重さ:540g(リーダーペン、充電池を含む)

(CRPの他に、ヘモグロビンA1cを測定することができます。)

<体外診断用医薬品届出番号:13A2X10046LMSD02>

TD/テストデバイス:48 個×1 パック
R1/希釈液:0.4mL×48 本×1 パック
R2/コンジュゲート:3.5mL×1 本
R3/洗浄液:3.0mL×1 本

●ニコカードシリーズ
Q13BY1113 ニコカードリーダーII
QN1116080 ニコカードCRP 48テスト
QN1116085 ニコカードHbA1c 24テスト
●アクセサリー
QNM54331 キャピラリ ーチューブ5μL(400本)
QNM14345 ミニペット、50μL
QNM40711 ミニペットチップ(1,000本入り)

製造元Alere Technologies AS
輸入・販売元: 株式会社エル・エム・エス


<< 診断システム事業部トップへ  |測定方法・原理性能CRPトップ
This Page Copyright(C) 2004 TOYOBO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.