GENECUBE® 専用試薬
ジーンキューブ® テストベーシック
特長

試薬性能
 ジーンキューブ® テストベーシックは、全自動遺伝子解析装置GENECUBE® で増幅・検出するために必要な試薬を最適な組成でプレミックスした試薬セットです。
 本製品を使用すれば、目的遺伝子のプライマーとQProbeを用意するだけで、すぐに遺伝子増幅・検出ができるキット構成になっています。
 また、内部コントロール試薬も添付していますので、目的遺伝子の検出と同時に増幅阻害の検出も可能です。


使用例
アセトアルデヒド脱水素酵素 (ALDH2) の検出
 アセトアルデヒド脱水素酵素 (ALDH2) は、517個のアミノ酸から構成されるたんぱく質です。このうち487 番目のアミノ酸を決める塩基配列の違いにより、3つの遺伝子多型に分かれます。グアニンを2つ持っている GGタイプ(遺伝子対が両方ともGタイプ:ホモ)と、グアニンの1つがアデニンに変化したAGタイプ(遺伝子対の うち片方がAタイプで他方がGタイプ:ヘテロ)、2つともアデニンになったAAタイプです。GGタイプのALDH2 に対し、AGタイプは約1/16の代謝能力しかなく、AAタイプにいたっては代謝能力を失っています。
 ALDH2の遺伝子多型を検出するために、プライマー、QProbeを設計し、ジーンキューブ® テストベーシックを 用いて検出した結果、GGタイプ、AGタイプ、AAタイプを明瞭に判別できることが確認されました。

全自動遺伝子解析装置
*1 QProbe法は日鉄住金環境株式会社が特許実施権を有してます。
*2 検体の架設や核酸抽出は別途試薬・消耗品が必要になります。
*3 本試薬は研究用試薬です。診断などの用途には使用しないでください。

<< 診断システム事業部トップへ
▲PAGE TOP
This Page Copyright(C) 2004 TOYOBO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.