尿中有形成分分析装置 USCANNER plus

特長
顕微鏡のスペースがあれば設置できるコンパクトサイズ。
操作はノートパソコンを使うので、簡単でわかりやすい。
尿定性は専用試験紙「USCAN®ペーパー」で7項目同時測定。
尿中有形成分分析はデジタルカメラによる高精彩撮影。
マニュアル撮影モード搭載。鏡検のように観察可能。


装置概要
尿定性部
測定原理
フォトダイオードによる反射分光光度測定
測定項目
ブドウ糖、蛋白質、潜血、ビリルビン、ウロビノーゲン、
ケトン体、亜硝酸塩
使用試験紙
USCAN® ペーパー
尿中
有形成分
分析部
測定原理
顕微鏡画像解析による分類および計測
自動分類項目
赤血球、白血球、上皮、円柱、細菌、結晶、酵母様真菌、精子
詳細分類項目
上皮3分類、円柱3分類、赤血球形態
消耗品
専用スライド・染色液、専用洗浄液
共通

諸 元
[WxDxH
(mm)]
重量 [kg]

本体ユニット:375x257x485 、約27kg
PCユニット :393x286x39、約4kg
消費電力
本体ユニット:120VA
PCユニット :210VA


<< 診断システム事業部トップへ
▲PAGE TOP
This Page Copyright(C) 2004 TOYOBO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.