サポート・お問い合わせサイトマップEnglish
  TOYOBO
 
HB10255FI
 
  実用例
 
福岡県・福岡プラント

当社は2005年6月から正式に稼動中の福岡地区水道企業団の海水淡水化施設に中空糸型逆浸透膜モジュールを供給しています。
福岡の海水淡水化施設「海の中道奈多海水淡水化センター」は造水能力が日産5万m3で日本最大規模を誇り、回収率は60%の最新の海水淡水化施設です。取水方式と前処理方式にはそれぞれ浸透取水方式、限外ろ過膜方式を採用するとともに、水質調整用の低圧逆浸透膜を部分的に組み合わせた最新の高効率システムの海水淡水化施設であり、生産水質の向上、造水コストの低減を実現しました。
福岡地区水道企業団の福岡の海水淡水化施設にも約1000本の当社の中空糸型逆浸透膜モジュールが搭載されています。

 
 
   
 
 
ホロセップ製品情報
ホロセップの特徴
かん水脱塩、純水製造用
HAシリーズ
海水を効率的に真水に
HR、HMシリーズ
HBシリーズ、HJ
HLシリーズ
実用例
HAシリーズの実用例
HRシリーズの実用例
HM9255の実用例
HM10255の実用例
HB9155の実用例
HB10255SIの実用例
HB10255FIの実用例