先輩社員から

TCシステム事業部 本支社システム部
藤原 彬光 / 2012年入社 (政策科学部卒)

誰かの「力になる」「喜んでもらう」

私は東洋紡本体で使われる会計業務システムの保守を行っています。といっても初めて部署移動となり、これまでやってきた仕事内容とはガラリと変わったので、今は現部署の仕事をまた一から必死になって覚えている最中です(笑)。前部署ではアパレル系会社など東洋紡グループ以外の会社へ向けた業務システムの開発を行っていました。主にシステムの設計書作成やテスト、システム導入後の運用などです。入社当初は「業務システムって何だ?」から始まり、聞いたことのない専門用語が飛び交う毎日で、本当にこの会社でやっていけるのか不安を抱えながら仕事をしていました。そんな中、初めて携わった開発案件が無事完了を迎えたときに、お客様から「おかげ様で良いシステムを導入することができました。ありがとう。」という言葉を頂くことができました。今までで一番やりがいを感じた瞬間です。社外・社内に関わらず誰かの「力になる」「喜んでもらう」これが今もこの仕事を続けていられる私の原動力だと感じています。

皆で協力しながら仕事を進める

私は専攻が文系ですが、SEという職種を聞くと「理系じゃないと難しいのでは?」といった不安を感じている人もいるかと思います。SEにも色々な仕事があります。ざっくりですが、サーバーやネットワークを管理する人、販売業務や会計業務を支援するシステムを開発する人、案件の進捗や人員を管理する人。切り口を変えると、お客様にシステムの企画提案を行う人、具体的な設計を行う人、システムの運用をする人などです。SEという職種は文系・理系などの専攻に関わらず、自分の持ち味を活かして活躍できる場が広く設けられていると感じています。実際当社にも多くの文系出身の方が働いており活躍しています。職場の雰囲気についてですが、基本的にはチームで仕事に取り組んでいくため社内のコミュニケーションは非常に活発です。仕事で困っている、つまずいていることなどがあれば積極的に周囲がその解決に手を貸してくれますし、皆の持っている知識を出し合いながら協力して仕事をこなしていくことが多いです(逆に一人で完結できる仕事の方が少ないです)。

枠に囚われず多くの情報を吸収

就職活動をする上で「どうしてもこの仕事がしたい」と明確な目標がある方ばかりではないと思います。私自身もそうだったので、とにかく色んな業界・職種の説明会へ行き、また社員の方々にお話しを伺わせて頂きました。そうすると徐々に自分が何を重視して仕事をしたいのかが見えてくるかと思いますので、枠に囚われず多くの情報を吸収し、仕事を選択するヒントとしてください。ちなみに私は選考時に会った先輩社員と、それまでの就活で一番自然にお話することができたので当社を志望するに至りました。

※2017年時点での取材に基づいて作成しています。

ページの先頭へ