先輩社員から

開発統括部 開発部
四方 和人 / 2013年入社 (法学部卒)

自分の担当したシステムがお客様から感謝される

システムの設計、開発、テストを担当する部門に所属しております。現在は東洋紡以外の企業向けにシステムを開発するプロジェクトに参画しております。具体的な取り組み内容はお客様とどんなシステムを作るかを話し合い、どのようにシステムとして実現させるかを考え、設計書を作成します。設計書を元にプログラマーへ開発を依頼し、完成後、お客様の要望通りに動くかテストを行い、お客様に提供します。開発するシステムによって、様々な業種のお客様や営業や経理、人事など様々な職種のお客様と話すことができ、様々な仕事の内容を知ることができるところが面白いところです。また、自分の担当したシステムが実際に使われて、お客様から感謝されたときに、とてもやりがいを感じます。

同じ目線に立って、イメージを共有

私は大学の専攻が文系だったので、システムの知識がない状態からスタートしました。最初のプロジェクトでは、お客様との打ち合わせや社内プログラマーに開発を依頼する時に「言ってることがわからない」「イメージがつかない」などと言われ、苦労をしました。最初はシステムの知識がないせいだと思い込んでいましたが、業務に取り組む中で、相手の状況・背景を考えていない部分が多く、お客様やプログラマーと同じ目線に立って、イメージを共有することができていないことに気がつきました。専門的な業務を伺うことが多いので、もちろんすぐには同じ目線で話せるようにはなりませんでしたが、聞いたことを自分の言葉で置き換えて確認したりすることで、イメージが共有できるようになり、信頼も得られるようになりました。今後も「様々な人の立場で物事が考えられるSE」でいられるように頑張っていきたいです。

多くの人と協力して、1つのことに挑戦

私は、「多くの人と協力して、1つのことに挑戦したい」という思いから就活中にSEという仕事に興味を持ち、入社しました。入社して5年目ですが、実際に多くの人と関わる中で、業務だけでなく、仕事への姿勢なども学ぶことが多く、初心を忘れず、日々の業務に励んでいます。

※2017年時点での取材に基づいて作成しています。

ページの先頭へ