ホームページへ サイトマップページへ お問い合わせページへ 英語ページヘ
オンラインカタログページへ
  HOME  >  新着製品情報  >  抗体・免疫アッセイ  >  Can Get Signal® Immunoreaction Enhancer Solution
オンラインカタログページへ
お問い合わせ・ご請求ページヘ
製品情報
新着製品情報ページへ
話題の商品ページへ
PCR関連商品ページへ
細胞・創薬支援関連商品ページへ
機器ページへ
受託サービスページへ
キャンペーンページへ
取扱メーカーページへ
技術情報
製品別FAQページへ
情報誌「UPLOAD」ページへ
学会情報・セミナー資料ページへ
ベクター情報ページへ
実験お助けコーナーページへ
読者のコーナーページへ
ラベルライセンスページへ
プロトコール・データシートページヘ
MSDSページへ
インフォメーション
お知らせページへ
更新情報ページへ
代理店一覧ページへ
ご注文
クローンページへ
TESTSKIN(TM)・TESTLIVER(TM)ページへ
最新情報をお届け
東洋紡サイトへ
バイオ・メディカル事業本部ページへ
ライフサイエンス事業部ページへ
バイオケミカル事業部ページへ
診断システム事業部ページへ
東洋紡バイオロジックスページへ
PCRは東洋紡
ご利用にあたってページヘ
抗体・免疫アッセイ
RSS 最新情報
抗体・免疫アッセイページTOPへ戻る
免疫反応促進試薬

Can Get Signal® Immunoreaction Enhancer Solution

特長
特長1. シグナルを増強・S/Nを改善
従来法に比べ数倍から数十倍の高いシグナルを得ることができます。特に反応性の低い抗体で顕著な効果を示す傾向があります。                              

特長2. 広い汎用性
ウェスタンブロッティング、ドットブロッティング、及びELISAなど幅広いアッセイに用いることができます。ペルオキシダーゼ、アルカリホスファターゼ、及び蛍光標識抗体など幅広い抗体での検出に適応できます。

20081029NKB-101_add1.jpg特長3. 使いやすいReady-to-useタイプ
Ready-to-useタイプですので、製品をそのまま抗体反応液(希釈液)として用いるだけで効果が得られ大変簡便です。実験のステップ追加や操作時間の増加はございません。1次抗体用としてSolution 1、2次抗体用としてSolution 2を用います。ブロッキング液や検出試薬は、今までの条件をそのままご使用いただけます。

実施例

Can Getシリーズ実施例集を発刊いたしました!
内容詳細はコチラからご覧いただけます。(PDFファイル)

NEWCan Getシリーズ実施例集2を発刊いたしました!
内容詳細はコチラからご覧いただけます。(PDFファイル)

 ユーザー様からの実施例
NEW実施例6 ミリポア社タンパク質免疫検出装置「SNAP i.d.」と免疫反応促進試薬「Can Get Signal」を用いる迅速・高感度ウェスタンブロット
実施例5  ウシ初期胚サンプルからのDNMT1の検出
実施例4 細胞に発現するCytokeratin 19タンパク質の検出
実施例3 リン酸化Smadの検出
実施例2 ウェスタンブロットによる海馬内のNR2A(NMDA receptor subunit)の発現量の検出
実施例1 ウェスタンブロットによる新規癌遺伝子産物MM-1αの検出
実施例0  ウェスタンブロットによるリン酸化タンパク質の検出
情報誌UPLOADの記事はコチラからご覧いただけます。(※PDFファイル)Vol.77P9-10

 実施例集
 実施例2 ウェスタンブロッティングにおけるブロッキング条件の検討
情報誌UPLOADの記事はコチラからご覧いただけます。(※PDFファイル)Vol.80P15-16
 実施例1 ウェスタンブロッティングとELISAにおける従来法との比較例
情報誌UPLOADの記事はコチラからご覧いただけます。(※PDFファイル)Vol.76P3-4

一口メモ
●本製品について
本製品はウェスタンブロット・ELISA等での「担体上の抗原」と抗体との反応に至適化されています。
●化学発光、化学発色、蛍光検出系のいずれにも使用できます。ペルオキシダーゼやアルカリフォスファターゼなどの標識抗体の活性にも影響を与えない成分から構成されています。
●2次抗体の後に使用するタイプの増感システムとの併用も可能です。
ウェスタンブロット・ドットブロット・ELISA等で使用可能です。

●ビオチン・アビジン反応に関しまして
促進効果はございません。

●ブロッキング後の洗浄に関しまして
●1次抗体の希釈液とブロッキング液が同じ(もしくはかなり近い)場合は省略可能です。
●異なる場合は洗浄が必要になります。
詳細はコチラからプロトコル(P5)(PDFファイル)をご覧ください。
●ユーザー様から『ブロッキング等の工夫で綺麗なデータを得ることができた』との
お声もいただいております。詳細はコチラから。

関連情報
【ご使用方法解説ページ 】
Can Get Signalシリーズ使用の指標
ELISA
ウェスタンブロット解析

【抗体実験解説書】
実施例を交えながら易しく解説しています。初心者の方から上級者まで役立つ情報が満載です。タイトルをクリックしていただくとダウンロードしていただけます。
Vol 3 『ウェスタンブロッティング・免疫組織染色編』※PDFファイル   

参考文献
1)Proc Natl Acad Sci U S A, 104 :7500-7505 (2007)
2)International Archives of Allergy and Immunology, 141: 322-330 (2006)
3)J. Neurochemistry, 98: 20-33 (2006)
4)J. Cell Biol, 175: 135-146 (2006)
5)Proc Natl Acad Sci U S A. 102:11663–11668 (2005)
6)The Plant Cell 17:389-403 (2005)
7)J. Biol. Chem., 280: 39436-39447, November 25 (2005)
8)Cancer Research 65: 2617-2625 (2005) 

価格表
品名をクリックしていただくとプロトコルをご覧いただけます。

品名  包装  温度  Code No.  価格

Can Get Signal®
immunoreaction
Enhancer
Solution

Solution 1&2
50m×l
 4℃ NKB-101T  \10,000
Solution 1&2
250ml×1
 4℃ NKB-101  \30,000
Solution 1
250ml
×1本
 4℃ NKB-201  \17,000
Solution 2
250ml
×1
 4℃ NKB-301  \17,000

*いずれのSolutionも、0.01%以下のノニオン系界面活性剤を含みます。

NEW  専用のブロッキング試薬とのセット品を発売しました!

  品名

 包装

 保存温度

 Code No.

 価格

 Can Get Signal®
/
PVDF Blocking Reagent for Can Get Signal

 1セット

  4℃  

 NKB101/NYPBR

 ¥41,700



関連価格商品

 専用のブロッキング試薬も発売中です!
 あわせてご使用いただくことで性能の向上が期待できます。

  品名

 包装

 保存温度

 Code No.

 価格

 PVDF Blocking Reagent for Can Get Signal

 500ml

  4℃  

 NYPBR01

 ¥13,500



関連記事&FAQ
『FAQ』
FAQ:Can Get Signal

『参考資料』
1.私にもできた Vol 3 『ウェスタンブロッティング・免疫組織染色編
2.Western blotによるリン酸化タンパク質の検出(UPLOAD Vol. 77 p9-10)
3.各種免疫アッセイ(UPLOAD Vol. 78 p17-18)
4.ウェスタンブロッティングにおけるブロッキング条件の検討(UPLOAD Vol. 80 p15-16)

【初心者にもわかりやすい解説書】
私にもできたシリーズ」※PDFファイル

PCR関連ページへ 抽出・精製ページへ 抗体・免疫アッセイページへ 発現解析ページへ
細胞・組織関連ページへ イメージングページへ 相互作用解析ページへ 蛋白質・ペプチド関連ページへ
クローニング・遺伝子解析ページへ 機器ページへ 受託サービスページへ