ごあいさつ

常に変革し、時代に適応しながら、強い東洋紡を実現します

代表取締役社長 楢原 誠慈代表取締役社長
楢原 誠慈

当社グループは「順理則裕」の企業理念のもと、「環境、ヘルスケア、高機能で、社会に貢献する価値を、創りつづけるカテゴリー・リーダー」を目指しています。

当社グループの事業の成長を支えているのは、「重合」「変性」「加工」「バイオ」のコア技術です。それらの技術を組み合わせ、融合させることで新しい製品を生みだしてきました。今後は、新たなスペシャルティ事業(※1)の創出を加速するために、独自のコア技術をそれぞれ徹底的に強化するとともに、外部とも連携し、新製品、新事業などの「新」の創出に取り組んでいきます。そして、「環境・ヘルスケア・高機能」の各分野で求められる製品の開発を通して、「カテゴリー・リーダー(※2)」となることを目指します。

当社グループは、企業活動の土台である社会的責任(CSR) を全うするため、内部統制を含むコーポレート・ガバナンスの整備・強化、法令および社会ルールの順守を進めていきます。職場の安全衛生、環境負荷低減に貢献する製品・技術サービスの創出にも努めてまいります。

また、当社には「順理則裕」に加え、もう一つ今日まで受け継がれてきた「敬事而信」という渋沢栄一の言葉があります。これは、「やることをよく考えて決め、決めたことは実行してやり遂げる」を意味しています。これらの理念と共に、当社グループは今後とも人々から信頼される企業としてあり続けるために、積極的に社会的責任を果たし、健全で持続可能な社会づくりに貢献していきます。

2015年6月 更新

  • ※1 スペシャルティ事業:独自の技術によって、時代に適合し、長期に競争優位を維持できる事業。当社では「フィルム・機能樹脂」「産業マテリアル」「ヘルスケア」の3事業領域をスペシャルティ事業と定めて積極的に拡大しています。
  • ※2 カテゴリー・リーダー:特定の市場で競争力の高い商品を展開し、高いシェアを維持できる会社。