sprites

概要

プラスチックの塗装、印刷、そして接着などの加工に適した素材を提供いたします。ホットメルト加工の場合には、トーヨータック®がご利用いただけ、繊維強化プラスチックの相溶化剤などにも使用できます。

ポリオレフィンを酸変性した樹脂で、ポリオレフィンと金属などに対して接着力を有しております。
また無機材料強化ポリオレフィンの相溶化剤として配合することが可能です。

特徴

  • 1) コロナ処理、フレーム処理などの表面処理無しにポリオレフィンに対して接着力を発揮します。
  • 2) 他の樹脂とブレンドすることで、顔料分散タイプの塗料用プライマー、インキのビヒクルなど各種接着剤として利用できます。
  • 3) 未反応物質、低分子量物質が極めて少ない製品です。

供給形態

使用用途によって、ペレット、シートをご用意いたしています。ご相談ください。

No. 銘柄 用途/特徴 MFR
g/10min.
Tmb)
提供形状 製品ステージ
1 M-100 ホットメルト 7 160 ペレット・シート コマーシャル
2 M-300 ホットメルトM
相溶化剤(分子量・高)
13 160 ペレット・シート コマーシャル
3 M-312 ホットメルト 6 130 ペレット・シート パイロット
4 PMA-H1100P 相溶化剤(分子量・中) 230a) 150 粉体 コマーシャル
5 PMA-F2 相溶化剤(分子量・低) 700a) 120 粉体 コマーシャル
  • a) MFRは190&-2.16kgでの測定値 その他は230℃
  • b) DSCのピーク温度
    これらの数値は規格値では有りません。

用途例

  • 1) アルミ箔とポリオレフィンフィルムの包装材料のホットメルト接着剤
  • 2) 多層フィルムのラミネート接着剤
  • 3) ポリプロピレンのタルク、フィラー等による強化時の相溶化剤
  • 4) ガラス繊維強化ポリオレフィンの相溶化剤
  • 5) 木質ポリオレフィンの相溶化剤
  • 6) 繊維強化プラスチック用相溶化剤