よくあるご質問

教育方針を教えてください。
自分で考え行動できる、自律型人材の育成を目指しています。
どんな教育、研修がありますか?
所属部門で行うOJTが中心です。集合研修には、ビジネススキルセミナー、マネジメントスキルセミナーなどがあります。もちろん、新入社員研修もあります。
「OJT」って何ですか?
OJTは On the Job Training の略です。
職場において、携わる仕事を通して自己の知識や技術を伸ばす訓練のことです。
入社1年目は、会社・職場の方針に沿った課題に取り組んでいただきます。一人ひとりに指導員がついて指導しますが、言われたことをやるというような受身の姿勢ではなく、自律した積極的な取り組みが期待されます。
新入社員研修はいつ、どんな内容を行うのですか?
入社式の後、約1週間の合宿研修を行います。
内容は社会人、東洋紡の社員として身につけておくべき基礎的なものです。
新入社員研修が終わるとすぐに配属ですか?
いいえ、違います。
約3カ月間の実習を経てから正式に配属となります。実習の内容および期間は配属先や実習事業所によって異なりますが、製造ラインを中心とした現場実習が中心です。
配属後の研修はどのようになっていますか?
選択型のセミナーが中心です。
数あるセミナーの中から、自分が必要と思うものを選択して受講するしくみです。また、技術系、事務系それぞれの職種に応じた研修や、配属された事業部独自に行っている研修もあります。
いずれにしても、「受けさせられる」という意識ではなく、知識や技術を身につけるために、自らすすんで受けるという姿勢が大切です。
英語力について、目標設定はありますか。教育はどのようになっていますか?
TOEICのスコア550点を、昇格要件として設定しています。
英語力を必要とする度合いは職種や事業によって様々ですが、どの職種、事業でもある程度の英語力は必要です。もちろん、海外との取引が多い職場では、高い英語力が必要とされます。
教育については原則として自己啓発で各自取り組んでいますが、会社からは通信教育や語学スクールの費用を一部補助して支援しています。
海外留学制度はありますか?
あります。
年間数名が海外留学に行っています。留学先は主に欧米です。
ただし、すべての事業部で定期的に留学させているわけではありませんので、必ずチャンスが巡ってくるとは限りません。
配属はどのように決定するのですか?
採用選考の過程で希望をお聞きし、適性を判断して決定します。
当社は職種別、部門別に採用していますので、選考過程で配属予定職種、部門がある程度わかるようになっています。勤務地は入社時に決定します。
自宅、実家に近いところで勤務したいのですが希望は受入れられますか?
希望どおりになるとは限りません。
総合職では全国の事業所・工場、また海外でも勤務する可能性があります。ご了承いただいた上でご応募ください。
入社後の異動で、職種が変わることはありますか?
あります。
技術系の場合、研究開発職から生産技術職や営業職になったり、あるいはその逆に職種が変わることがあります。
事務系の場合もスタッフ職から営業職に、あるいはその逆に職種が変わることがあります。
入社後の異動で、部門が変わることはありますか?
あります。
しかし、入社後配属された部門である程度の成果が出せるようになるまでは、他の部門に異動しないケースが多いです。
配属、異動に関する自己申告制度はありますか?
あります。
毎年1回、人事考課の実施時期に希望の職種や部門を書面に書いて自己申告します。
もちろん、日常の上司との対話の中で希望を伝えることも可能です。
希望に対して、上司、所管部などが本人の適性を判断して、異動させるかどうかを決定します。
転勤はありますか?
あります。
部門や任される仕事によって、転勤が多い人やほとんどない人など様々ですので一概には言えませんが、総合職として入社するからにはいつ、どこに転勤があってもおかしくないという心構えが必要です。
営業部門では、本社(大阪)、東京支社、名古屋支社での勤務が多いですが、国内外の営業所で勤務する可能性もあります。
人事労務や財務経理などの管理・スタッフ部門では、本社、支社はもちろん、全国の工場での勤務があります。営業部門に比べると、転勤で勤務地が変わる機会が多いです。
海外勤務の可能性はありますか?
あります。
欧米、中国、東南アジアをはじめ、当社およびグループ会社の海外拠点での勤務もあります。
採用・選考の流れを教えてください。
詳細はマイページにてお知らせします。
ご登録をお願い致します。
OB・OG訪問をしたいのですが、紹介してもらえますか?
人事部から紹介はしておりませんのでご了承ください。なお、説明会や見学会には若手社員が多数出席しますので、そのときに話をお聞きください。
先輩社員のことが知りたいのですが。
先輩たちの人柄や仕事内容、エピソードなどを知りたい方は、「職種と社員紹介」をご覧ください。
複数の部門に応募できますか?
できます。
併願応募が可能です。
ただし、技術系職種と事務系職種で応募書類が異なりますので、併願する場合はどちらもご提出ください。
エントリーシートご提出後は、部門別に採用ステップを進んでいただきます。
複数部門応募の場合、エントリーシート提出時に各部門の直近応募受付期間にて受付します。
推薦応募は受付けていますか?
受付けています。
応募書類に推薦書を添えて、各応募部門にご応募ください。応募書類についてはマイページでご確認ください。
推薦応募の方は、書類審査が免除となります。また、複数回行われる見学会、説明会の内、なるべく早い回に優先的にご案内し、結果もいち早くお知らせいたします。
推薦受験の場合もまずはエントリーをお願いします。
わたしは理系ですが事務系職種に応募できますか?
できます。
ただし、技術系職種と事務系職種では応募方法や採用ステップが異なります。
研究所や工場を見学できますか?
できます。
技術系の職種の応募者を対象として見学会を実施しています。自分が働くであろう職場を見て、「ここで働きたい」とう意志を固めていただいたうえで、採用ステップを進めます。
選考の基準は?
人物重視です。
学生時代の経験や興味・関心などについてお聞きし、東洋紡の将来を担う中核人材として、情熱をもって仕事に取り組める人かどうかを判断します。
必ず取得しておくべき資格などはありますか?
特にありません。
仕事上必要な資格について、入社前に取得しているに越したことはありませんが、取得していないからという理由で選考から外れることはありません。
採用人数が少ないと聞きましたが、どうしてですか?
当社の採用方針は「少数精鋭」です。
厳選して採用し、しっかりと育成することにしています。総合職として入社された方には、将来の東洋紡を背負って立つ中核人材となることを期待しています。
女性は何人採用しますか?
女性を何人という枠は設けていません。
男女関係なく、人物本位で選考します。2012年~2018年の入社実績は、346名中104名が女性です。なお2018年採用では、51名中21名が女性です。
すでに卒業しているのですが、新卒採用に応募できますか?
できます。
新卒の方と同じように選考を進めます。
【エントリーについて】
以下の方を対象にエントリーを受付けております。

2019年4月から2020年3月までに大学卒業見込、および大学院(修士・博士)修了見込の方


2017年3月から2019年3月までに大学卒業、および大学院(修士・博士)修了の方で、1年以上継続して同一の事業主に正規雇用された経験がない方

「秋採用」は実施していますか?
実施していません。
ただし、既卒の方が受験し内定した場合は、相談のうえで4月以外の時期に入社いただくこともあります。
現在海外留学中です。応募できますか?
できます。
ただし、留学生枠を設けているわけではありませんので、所定の募集期間中の選考にご参加ください。
外国人留学生の採用計画はありますか?
あります。毎年数名の採用を計画しています。
インターンシップの公募は行っていますか?
行っています。
2018年度の実績では、6~7月、10~11月に募集を行いました。
まずはマイページにエントリーの上、詳細をご確認下さい。
残業や休日出勤はありますか?
あります。
トラブルや納期のピーク時など、業務の繁忙期には残業や休日出勤をしていただくことがあります。その量は職場や担当者によって差があります。
フレックスタイム制度はありますか?
あります。
研究所や本社・支社など事業所・職場単位で実施しています。効率的な仕事への取り組みと個人のゆとりの創出に役立っています。ただし、フレックスタイム制を実施していない職場もあります。
各地の研究所や工場に社宅・寮はありますか?
あります。
各地の研究所、工場にはすべて社宅・寮があります。本社・支社など一部の事業所では社宅・寮の代わりに、賃貸マンション、アパートなどを提供することもあります。
  • ※実家等から通勤可能な方は適用されないケースがあります。
提出した応募書類は不採用の場合返却してもらえますか?
結果を問わず返却いたしません。
当該年度の採用活動終了時点で責任をもって廃棄させていただきます。