TOYOBO Ideas & Chemistry 診断システム事業部

注意事項

必ずお読みください

本ページ以降の情報は、臨床検査関係者に対する情報提供を目的としたものです。一般の方が理解できるように配慮されたものではないことをご了解ください。掲載の情報は弊社販売臨床検査薬等、分析機器の適正使用推進に役立つものが中心です。
(広告、プロモーションを目的とするものではありません。)

※「戻る」ボタンをクリックするとトップページに戻ります。

独自の超高速核酸増幅技術および酵素×液体輸送培地の融合

特長

測定時間約30分の迅速検査で血液検査の結果と同時報告が可能

検体採取から検査室まで、安全かつ確実な搬送を実現

マクロライド薬剤耐性に関与する部位*を標的とした検出原理

  • * 23S rRNA domain V 領域

液体輸送培地を利用した、安全で簡便な迅速検査を実現

液体輸送培地
液体輸送培地の利用により、安全かつ確実な搬送と、簡便で迅速な検査が可能になりました。
また、液体輸送培地は、マイコプラズマ・ニューモニエの培養検査と遺伝子検査を一元化することが可能です。

(ご参考)
eSwab 480CE(コパンジャパン株式会社)
オプティスワブトランスポート・システムLA-106(株式会社スギヤマゲン)

検体採取、搬送

  • 診察室・検体採取室

    STEP1

    STEP1

    検体採取したスワブを折る
  • STEP2

    STEP2

    搬送 キャップを閉める
  • 検査室

    STEP3

    STEP3

    軽く攪拌する

前処理

>3ステップの前処理:前処理液(溶解液)とチューブのみ使用

  • STEP1

    STEP1 検体分取

  • STEP2

    STEP2 攪拌

  • STEP3

    STEP3 滴下

前処理約1分
前処理約1分

前処理に使用するキットはこちら

ジーンキューブ(R)専用 前処理キット(呼吸器用)

ジーンキューブ®専用 前処理キット(呼吸器用)

「ジーンキューブ®マイコプラズマ・ニューモニエ」などの、迅速核酸増幅検査法に用いる、前処理キットです。

判定

GENECUBE®では測定結果は自動的に判定され、測定画面上に陽性「+」、陰性「-」、判定無効「Invalid」で表示されます。
本試薬のターゲットである23SrRNA 遺伝子の2063 番目または2064 番目の塩基に変異が生じた場合、野生型と比較して蛍光微分値が最大となる温度(検出温度)が約10℃低下します*1。検出温度が低下した場合でも、蛍光微分値が一定以上であれば陽性と判定されます。

判定

  • ※1 川嶋 他. 全自動遺伝子解析装置GENECUBE を利用したMycoplasma pneumoniae のマクロライド耐性遺伝子変異検出法の構築および評価 日臨微誌. 2018. 28(2): 98-105.

商品情報

製品名 ジーンキューブ®
マイコプラズマ・ニューモニエ
ジーンキューブ専用
前処理キット(呼吸器用)
コパンeSwab
480CE(レギュラー)
商品コード QGMPN-080 QGSL-050 QGWE-001
包装 80テスト分 50検体分 50個
貯蔵方法 2~8℃ 室温保存 室温保存
有効期間 1年 24ヵ月 18ヵ月