診断システム事業部

注意事項

必ずお読みください

本ページ以降の情報は、臨床検査関係者に対する情報提供を目的としたものです。一般の方が理解できるように配慮されたものではないことをご了解ください。掲載の情報は弊社販売臨床検査薬等、分析機器の適正使用推進に役立つものが中心です。
(広告、プロモーションを目的とするものではありません。)

※「戻る」ボタンをクリックするとトップページに戻ります。

ヘリコバクター・ピロリのクラリスロマイシン感受性判定が
30分で可能に

特長

Helicobacter pyloriの23SrRNA遺伝子における 2142または2143位塩基の変異を特異的に検出します

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は、ヒトの胃に生息するらせん菌であり、40歳以上の日本人は70%以上の人が感染していると言われている我々にとっては身近な細菌です。

ピロリ菌は慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こすことが知られており、胃がんの発生原因となることも明らかになっています。
日本ヘリコバクター学会は、胃がん予防のため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍患者以外でも、ピロリ菌保菌者は除菌することを強く勧めています。

日本国内では、プロトンポンプ阻害剤(PPI)と、アモキシシリン(AMPC)、クラリスロマイシン(CAM)の 抗生物質2剤、合計3剤を7日間服用する3剤併用療法を保険診療対象の除菌療法としていますが、 近年、CAM耐性ピロリ菌が増加傾向にあり、除菌成功率が70%程度まで低下しています。

「ジーンキューブ® テストピロリ 23SrRNA」は、CAM耐性化に関与するピロリ菌の23SrRNA遺伝子の 変異を検出する研究用試薬です。

商品情報

商品名 ジーンキューブ®テストピロリ 23SrRNA
商品コード QGPYS-096
包装 96テスト
貯蔵方法 2~8℃
有効期限 12ヶ月

備考

本品は研究用試薬です。