全自動遺伝子解析装置 GENECUBE
特長|共通消耗品・装置仕様|

共通消耗品・装置仕様

共通消耗品
ジーンキューブTM専用 増幅部消耗品
(専用キャピラリー、専用分注チップ)
ジーンキューブTM専用 検体前処理部消耗品
(抽出用モノリス(シリカ担体吸着)、検体カートリッジ、リザーバー)
 
※測定項目により8連チューブやシリンジなどの消耗品が必要になることがあります。

装置仕様
測定原理 遺伝子増幅+融解曲線解析(QProbe法)※1*2
測定時間 30〜40分※3
使用検体量 1〜4uL (遺伝子増幅に必要な量として)※3
同時測定項目数 4項目
同時検体架設数 8検体 (最大16テスト同時測定可能)
検出部 LED光源/2波長測光
オプション バーコード管理機能、印刷出力機能など※4
諸元(W×D×H) 900×550×650 [mm]
消費電力 1,400VA (AC100V±10%)
重量 約92kg
※1 QProbe法は日鉄住金環境株式会社が特許実施権を有しています。
※2 測定項目、分析条件等により異なります。
※3 別途バーコードリーダー、プリンターなどが必要になります。

<< 診断システム事業部トップへ
▲PAGE TOP
This Page Copyright(C) 2004 TOYOBO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.