尿中有形成分分析装置 USCANNER(E)
特長・装置概要測定フロー操作画面|有形成分の画像例|

有形成分の画像例

〔基本仕様〕
自動測定項目 赤血球・白血球・上皮細胞・円柱・細菌・結晶・酵母様真菌・精子
詳細分類項目 上皮(尿細管・尿路・扁平)・円柱(硝子・顆粒・ろう様)・赤血球形態情報
測定原理 画像解析による尿中有形成分の分類・計数
処理能力 最大約100検体/時
所要液量 112.5μL(サンプリング時に約1mLの液量が必要)・染色液37.5μL
記憶検体数 約66,000検体
オプション ラック搬送ユニット・バーコードリーダー・プリンターなどに対応
諸元 幅600×奥行610×高さ695mm(ラック搬送ユニット含む)・重量約80kg
消費電力 約600VA(AC100−240V±10%)・50/60Hz
消耗品 〔 QUSS−600 〕 U−SCANNER専用スライド、染色液(600テスト用)
〔 QUSW−600 〕 U−SCANNER専用洗浄液(5L(600テスト)×2本)

<< 診断システム事業部トップへ
▲PAGE TOP
This Page Copyright(C) 2004 TOYOBO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.