sprites

概要

 

 

zylon

 

 

特長

高強度・高弾性率

 

耐熱性・難燃性

 

他素材との性能比較

  引張強度 引張弾性率 破断伸度 密度 水分率 LOI 耐熱性※1
cN/dtex g/d GPa cN/dtex g/d GPa % g/cm3 %  
ZYLON-AS 37 42 5.8 1150 1300 180 3.5 1.54 2.0 68 650
ZYLON-HM 37 42 5.8 1720 2000 270 2.5 1.56 0.6 68 650
p-Aramid 19 22 2.8 750 850 109 2.4 1.45 4.5 29 550
m-Aramid 4.7 5.3 0.65 124 140 17 22 1.38 4.5 29 400
Steel Fiber 3.5 4 2.8 260 290 200 1.4 7.8 0
Carbon Fiber 20 23 3.5 1310 1480 230 1.5 1.76
PBI 2.7 3.1 0.4 40 45 5.6 30 1.4 15 41 550
Polyester 8 9 1.1 110 125 15 25 1.38 0.4 17 260

※1:融点もしくは分解温度
※2:代表値であって保証値ではありません

 

強いぞザイロン®

基本特性

物性表

タイプ AS(レギュラー) HM(ハイモデュラス)
単糸デシテックス (dtex) 1.7 1.7
密度 (g/cm3) 1.54 1.56
平衡水分率 (%) 2.0 0.6
強度 (cN/dtex) 37 37
(GPa) 5.8 5.8
(KSI) 840 840
弾性率 (cN/dtex) 1150 1720
(GPa) 180 270
(MSI) 26 39
破断伸度 (%) 3.5 2.5
融点 (℃) none none
分解温度 (℃) 650 650
線膨張係数 (ppm/℃) - -6
限界酸素指数   68 68
誘電率   - 3.0
誘電損失   - 0.001

※ 代表値であって保証値ではありません

ラインアップ

製品ラインアップ

フィラメント AS(レギュラー) HM(ハイモデュラス)
フィラメント番手(dtex) 165 278 555 1110 1670 273 545 1090 1640 3270
フィラメント本数 99 166 332 664 996 166 332 664 996 1992
ボビン内径(mm) 94 94
ボビン長(mm) 216 216
チョップドファイバー AS(レギュラー) HM(ハイモデュラス)
カット長(mm) 1 3 6 1 3 6
ステープルファイバー AS(レギュラー) -
カット長(mm) 44 76 -
紡績糸 AS(レギュラー) -
番手 綿番手(Ne) 20/1 20/2 30/1 -
メートル番手(Nm) 34/1 34/2 51/1 -

 

中間製品

中間製品の加工方法 -切断の場合-

  • A

  • ARSUPER 526H

    ARSUPER 526H

    スーパー繊維を確実に切断

  • ARSUPER CRAFT 370

    ARSUPER CRAFT 370

    軽量で使いやすい小型サイズ

  • ARSUPER mini

    ARSUPER mini

    手のひらサイズで驚異のスーパーカット

  • お問い合わせ先

    アルスコーポレーション株式会社
    営業本部産業刃物担当

    〒599−8267
    大阪府堺市中区八田寺町476-3
    TEL 072-260-2121(代表)
    FAX 072-272-0400
    URL http://www.ars-edge.co.jp

 

本資料は、作成日時点における弊社の正確で最新の情報を記載しておりますが、
本資料を基にお客様各位でなされた行為の結果については、弊社は責任を負いかねることをご了承ください。
それぞれの用途に関して、お客様各位ご自身で適性について判断していただくようお願い申し上げます。
本資料は予告なしに必要に応じ改訂させていただくことがあります。

用途例

防護複

 

 

スポーツ

 

 

産業資材

 

 

その他

 

 

航空・宇宙

 

 

こんなところにザイロン®

卓球ラケット内部に「ザイロン®」を採用

  • 「ザイロン®」使用のラケット
    インナーフォース レイヤー ZLF

    世界有数の卓球用品メーカーである(株)タマス。 タマスはバタフライブランドを世界中に展開し、オリンピックや世界卓球選手権に出場するトップクラスの選手に愛用されています。そのバタフライの卓球ラケットの内部に当社のPBO繊維「ザイロン®」が採用されています。「ザイロン®」は世界最高レベルの強度と弾性率(変形しにくさ)を誇るスーパー繊維です。これらの特長から競技用自転車のスポークなど、スポーツ分野でも採用されています。「ザイロン®」は変形しにくいので、衝撃を加えた時の反発が大きくなります。「ザイロン®」を使用したラケットでボールを打つと、より弾むようになり、打球の威力が上がります。優れた特長で世界の有名選手の活躍を支える「ザイロン®」。「ザイロン®」を使ったバタフライのラケットにぜひ注目してください !

ラケットについて、(株)タマス研究開発チームラケット企画開発担当の岩瀬祐介氏に伺いました。

Q.ラケットのどの部分に使われているのですか。

A.ラケット本体は異なる種類の木を貼り合わせて作られています。機能性を持たせるために、木と木の間に入れる板状の特殊素材に使われています[図参照]。「ザイロン®」が使用されているのは「ZLファイバー」、「ZLカーボン」、「スーパーZLカーボン」の3種類です。「ZLファイバー」は「ザイロン®」を、「ZLカーボン」、「スーパーZLカーボン」は「ザイロン®」とカーボンファイバーを編んだものです。いずれも、バタフライラケットの主力商品です。

Q.採用の経緯について教えてください。

  • A.開発を開始したのは’04年。当初は用具の耐性を高めることを目的に、新たな素材を検討していたところ「ザイロン®」を見つけました。残念ながら当初の目的には使えなかったのですが、高い弾性率を示すことと、素材の軽さから、「ザイロン®」をラケット内部の素材に使えないか、と考えたのです。
    ラケットの縁部分の加工に苦労しましたが、’07年に「ザイロン®」を使ったラケット「フォティーノ」などの販売を始めました。
    1グラム単位の重さ、0.1ミリメートル単位の厚みという微妙なところで、われわれ用具メーカーは戦っています。「ザイロン®」は素晴らしい特性を持っているため、開発に時間がかかってでも商品化したいという気持ちがありました。

 

 

スノーボードに採用

当社のPBO繊維「ザイロン®」は、世界最高レベルの強度と弾性率(変形しにくさ)を誇るスーパー繊維です。今回は「ザイロン®」を初めてスノーボードに使用した(株)ハスコ・エンタープ表取締役社長に、その良さについて伺いました。

  • Q.「ザイロン」 をスノーボードへ使用するきっかけは何だったのでしょうか

    A.私の趣味がバイクだったのですが、ライダースーツに使われていることがきっかけで 「ザイロン®」を知りました。その特長を調べてみたところ、スノーボードの特性を上げるのに使えるのではないか、と考えました。数年間のテストを経て、’12年から商品に採用しています。

     

    Q.「ザイロン®」 を使うことによる利点はなんでしょうか

    A.重さを変えず板を強くできることです。板の補強材にカーボンもありますが、カーボンだけだと力をかけすぎると割れてしまいます。
    しかし「ザイロン®」を組み合わせると割れにくくなります。また、カーボンと大きく異なるのは、「ザイロン®」とカーボンを組み合わせると一定以上の力を加えた場合はカーボンより曲がりやすく、元に戻ろうとする力(反発力)が得られやすいということです。カーボンと比較して振動しにくいという特長もあります。

Q.「ザイロン®」 を使用したスノーボードは、どのようなタイプのスノーボーダー向けになるのでしょうか

A.主に、「フリースタイル」と呼ばれる、滑るだけではなくハーフパイプやジャンプなどの技をするスノーボーダーが使っています。例えば、オーリー(板をしな らせて跳ね上がる技)をする際は、反発力が得られやすいのでより高く飛べます。 また、「ザイロン®」を板のセンターに入れているタイプは、スピードを出しても振動しにくく、安定した滑りができます。

 

本資料は、作成日時点における弊社の正確で最新の情報を記載しておりますが、
本資料を基にお客様各位でなされた行為の結果については、弊社は責任を負いかねることをご了承ください。
それぞれの用途に関して、お客様各位ご自身で適性について判断していただくようお願い申し上げます。
本資料は予告なしに必要に応じ改訂させていただくことがあります。

技術資料・SDS

PDFファイルをご覧いただく為には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe® Reader™が必要です。

本資料は、作成日時点における弊社の正確で最新の情報を記載しておりますが、
本資料を基にお客様各位でなされた行為の結果については、弊社は責任を負いかねることをご了承ください。
それぞれの用途に関して、お客様各位ご自身で適性について判断していただくようお願い申し上げます。
本資料は予告なしに必要に応じ改訂させていただくことがあります。